« 地下通路の不思議な広告 | トップページ | さくらんぼの実る頃 »

2004/06/27

スプーンのシャンデリア

2004-0627-1118.jpgデパ地下のイートインというのは、なかなか入りづらいものだ。陳列棚をどかしてカウンターと椅子を置いた程度のところが多く、4、5人が腰掛けるともう満席。買い物客が行きかう通路を背に食べるのも、おちつかない。
イートインで食べているのは、おばさんたちか昼休みのOLたちがほとんどで、男性の姿はあまりみかけない。
そんな中で、僕が時々行くイートインが、小田急ハルクの地下にある。フロアの一角にあって20席くらいはあり、通路からはロープやディスプレイでたくみに隔てられていて、男性客の姿も目立つ。

今日、お昼にここに入ってなにげに天井を見たら、シャンデリアがスプーンだけで飾られていることに、初めて気づいた。電球の光が金属製のスプーンに反射して、なかなか洒落ている。
いままで、何度も入ったのに、全く気付かなかった。カメラ付きケータイを持つようになったことで、いままで見えていなかったものが、見えるようになったのだろうか。

スプーンに限らず、フォークのシャンデリア、ナイフのシャンデリアもすでにどこかにあるのかも知れない。以前、どこかでワイングラスのシャンデリアを見たことがある。
つるすことが出来るものなら、なんだってシャンデリアに使えそうだ。メガネのシャンデリア、DVDディスクのシャンデリアなんてのも、いいかも知れない。

ブッシュ大統領におすすめしたいシャンデリアがある。ホワイトハウスの執務室に、反米勢力から巻き上げた拳銃をつるしたシャンデリアというのはどうか。中央には、フセイン元大統領から取り上げた拳銃をつるす。
来訪者に見せびらかすには、格好のインテリアになる。
秋に大統領選挙を控えて、そんなものを作っている場合ではないか。
 
 
朝刊1面最初の3文字 朝日‥「参院選」 毎日‥「社会保」 読売‥「北朝鮮」 日経‥「日本経」 

本日の地球 世界の目がイラクに向けられている間に、スーダンでは100万人の難民が餓死の危機。こうした問題を放置してきた米英そして日本の罪は重い。

21世紀の残り日数 35251日

|

« 地下通路の不思議な広告 | トップページ | さくらんぼの実る頃 »

コメント

こりゃすごい。
妙にダークでお化け屋敷っぽいけど。。

投稿: 秋葉OL | 2004/06/27 14:13

いやじつはね、僕も見た瞬間、これがスプーンでなくて人骨だったら、などと想像したんですよ。人骨シャンデリア。とてもランチどころではないですね。\(゚o゚;)/

投稿: BANYUU | 2004/06/27 16:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/851143

この記事へのトラックバック一覧です: スプーンのシャンデリア:

« 地下通路の不思議な広告 | トップページ | さくらんぼの実る頃 »