« 期日前投票の宣誓書 | トップページ | 25歳未満禁止? 価格0円の週刊誌創刊 »

2004/06/30

キティちゃんの扇風機と外来語

2004-0629-1159.jpg今年も今日で前半が終わる。梅雨の合間に日がさすと、さすがに暑い。
家電量販店の店頭で、キティちゃんが首を左右にふって、街を行き交う人たちに風を送ってくれる。
人気キャラの扇風機は、スヌーピーや機関車トーマスなどいろいろあるが、顔が側面に描かれていたり、台座の上に小さな人形が付いているものがほとんど。
顔全体が送風面になっているのは、キティちゃんくらいのものだ。キティちゃんの目と鼻が点になっていて、送風を妨げないことが、扇風機向きなのだろう。

ところで、この外来語ばやりの中で、扇風機はどのメーカーのものも扇風機と呼ばれていて、ファンでないのはなぜだろうか。
ファンといえば、一般に換気扇のことをさすと思われているので、混同を避ける意味が大きいのかも知れない。
同様に、乾燥機はドライヤーと呼ばれてもよさそうなものだが、家電売り場でドライヤーと言えばヘア・ドライヤーのことだ。

英語名で混同するほかの商品がないのに、日本語名ですっかり定着しているのが、冷蔵庫、洗濯機、電話機などだ。
逆に、英語名で定着しているのは、トースター、ミキサー、ファクス。エアコンも、冷暖房や空調よりは使われている。
テレビやパソコンは、由来は英語でありながらほとんど日本語といっていい。

外来語の言い換えについて検討を続けている国立国語研究所が、インフォームド・コンセントなどあらたに33語の外来語の言い換え案を中間発表するとともに、4語については言い換えを断念したことを明らかにした。
言い換えを断念したのは、オンライン、データベース、フォーラム、メセナ。
このうち、メセナについては、文化支援と言い換えることに対し、大手企業人らが猛反対したため、見送られたという。
僕は、メセナこそ最も定着していない言葉で、言い換えるべきだと思っている。

定着していない外来語を使いたがるのは、優越感の問題に尽きる、と思う。
扇風機をエレクトリック・ファンなどと名付けなかった昔の企業人は偉かった。


朝刊1面最初の3文字 朝日‥「兵庫県」 毎日‥「突然の」 読売‥「外来語」 日経‥「二〇〇」 

本日の地球 ベトナムで鳥インフルエンザ再発。アメリカでは25日に続いて、29日にもBSE擬似症状の牛見つかる。生態系の危機、静かに進行。

21世紀の残り日数 35248日

|

« 期日前投票の宣誓書 | トップページ | 25歳未満禁止? 価格0円の週刊誌創刊 »

コメント

キティの扇風機って、
楕円なのがきになる。無駄があるような。。

投稿: 秋葉OL | 2004/06/30 22:01

無駄といえば、四角い扇風機もいろいろとあるんですね。四角いままで首をふっているので、驚きました。

投稿: BANYUU | 2004/06/30 22:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/872001

この記事へのトラックバック一覧です: キティちゃんの扇風機と外来語:

« 期日前投票の宣誓書 | トップページ | 25歳未満禁止? 価格0円の週刊誌創刊 »