« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004/07/31

1階から10階のうち、3階だけ「がい」と読む不思議

なにげに使っている日本語も、正しい使い方となるとなかなか難しい。

この「なにげに」は本来「なにげなく」が正しいのだが、なにげに使うには「なにげなく」は重くて使いづらい。

文化庁の調査では、「なにげに」を使う人は96年に8.8%だったのに対し、03年には一気に23.5%に増えた。

この調査では、正しい読み方よりも誤用の方が広く使われている漢字についてもまとめている。

それで僕が驚いたのは、「情緒」の正しい読みが「じょうしょ」だったことだ。調査では82%の人が「じょうちょ」と読んでいるが、正しい読みををしている人も15%いる。
アナウンサーでも、「じょうちょ」と発音しているような気がするが、学校ではみな「じょうしょ」と教えているのだろうか。

「固執」も正しくは「こしゅう」だと分かっているけれども、僕は普段の会話では「こしつ」と言っている。

あらためて日本語の難しさに気付かされたのは、「3階」の読み方だ。1階から10階までのうち、「がい」と読むのは3階だけとある。
僕は「さんがい」と言うこともあるが「さんかい」と言うこともある。最近は「さんかい」と読む人がしだいに増えて、調査では36%の人が「さんかい」だ。

なぜ3階だけが「がい」なのか、考えても分からない。「ん」に続くから「がい」と濁るのかとも思ったが、4階は「よんかい」であって、「よんがい」とは言わない。

「さんかい」というと「散会」「山海」「産科医」と聞き間違えるからだろうか。文脈上、あり得ないと思うのだが。

3階だけが「がい」と読む理由を知りたいと思う。
 

21世紀の残り日数 35217日

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004/07/30

千葉の「いわし博物館」で爆発、2人死傷!?

 今日の午前9時ごろ、千葉県九十九里町の町立「九十九里いわし博物館」で爆発があり、臨時職員のうち女性が死亡、男性が重傷。

 いわしについての世界で唯一の博物館で、屋根や壁などが約30メートルにわたって吹き飛ぶほどのすさまじさだったという。

 いったい何が起こったのだろう? 「いわし」と「爆発」のイメージの落差に驚く。

 館内の水槽には生きたいわしがいるが、いわし爆弾でもあるまい。これもアルカイダと関係アリ、ということになるのだろうか。
 ビン・ラディンに似た男が九十九里浜を歩いているのを見かけた、などの話が、まことしやかに新聞やテレビで流されるかも知れないぞ。

 それとも、いわしの漁獲量をめぐって、どこかの国ともめているようなことでもあるのか。

 いわしは漢字で魚ヘンに弱いと書いて、鰯である。

 強いものがますます強く、弱いものがますます弱くなる世界の仕組みに対して、弱きものの代表であるいわしが、ついに反乱を起こしたか。

 コイズミさんは、「テロには屈しない」とまた言うのだろうか。

 摩訶不思議な真夏の怪事件である。
  

21世紀の残り日数 35218日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/29

プロバイダーは別なのにニフティに入っている理由は

僕は何のために、ニフティに入っているか。
ニフティのアドレスは現在使っていない。またニフティのフォーラムも、たまにパソコンやネットの使い方で困った時などに、関連フォーラムを覗く程度で、ほとんど利用していない。

プロバイダーは、ASAHIネットの光ファイバー対応のコースを使っていて、Webサイトもここに置いている。

僕が、ニフティに入っているのは、ココログでブログを開設しているから、というのが現在では最も大きな理由だ。

ところが、2カ月ほど前、ニフティからアクセスポイント統合のお知らせのハガキが来て、これに伴って利用プランをABどちらかから選んで返信するように、と書かれている。

Aプランは、ADSLに切り替える。
Bプランは、従来のダイヤルアップコースを続ける。

選択肢はこの2つしかない。

ニフティに対して、どういう返信をしたらいいか、迷っているうちに、ニフティから直接、どちらのコースにするか電話で聞いてきた。
その時、電話で説明をしたのだが、しばらくして、また催促の手紙がきた。こんどは、すでに光ファイバーなどを使用している人は、Bとして返信するように書いてある。

Bプランを選択して返信ハガキを出したのが2週間ほど前だ。
ところが今日またニフティから電話がかかってきて、どちらかのプランにするか決めてくれ、という。

もう、なんでニフティの内部できちんと処理されないのだろうか。
今日の電話でも、こちらから同じことを説明したのだが、かけてきた人は「それではニフティは、アドレスとしてお使いということですね」などと言っている。

ちがうんだってば。ニフティでネットに接続する必要はなく、アドレスも使ってないけど、ブログをやるためにはニフティの会員でいる必要があるでしょう。。。。

とほほ、分かってくれたのかな。もう1回くらい電話がかかってきそうな予感もする。
         

21世紀の残り日数 35219日

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004/07/28

ブログの連日更新、ついにストップか‥

午前中は、マンション全戸に排水管の洗浄業者が入室作業。
午後は、歯医者。

で、気がついたらもうこんな時間で、今日はブログの更新は無理かも知れない。
連日更新はわずか1カ月ちょっとしか続かなかったなあ、とちょっぴり無念に思う。

設置しているカウンターは2000余りになっている。
ところが、アクセス解析を見たら、なんと3000を超えている。

これって、カウンターが正確でないってことか? この段階で1000も違うということは、カウンターを設置している意味があるか、といささか疑問。

アクセス解析の、キーワード別分析というのを初めて見て、驚いた。
なんと、今週と先週に僕のブログにアクセスしてくれた人たちの大半、7割から8割の人が「エアコン」「水漏れ」のキーワードで引いて、訪れている。

この10日間の訪問者のほとんどは、7月18日に書いた「エアコンの水漏れにメーカー逃げ腰、感電覚悟で自力修理」を見にきているのだ。

さらに不思議なのは、「自由研究」のキーワードで訪れている人が数人いることだ。
僕はブログの中で、「自由研究」という言葉を使った覚えはないのに、どうしてこのキーワードから入って来れるのだろうか。

おそらく夏休みの自由研究のテーマを探す子供たちに違いない。どうやってここに来たのか、聞いてみたいものだ。

(追伸:「21世紀の歩き方大研究」の新世紀つれづれ草に、『時間の岸辺から』第59回 「青いバラ」をアップロード。これは欧州の邦人向け日本語新聞「英国ニュースダイジェスト」に同時掲載)

          

21世紀の残り日数 35220日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/07/27

2億円は当たらずとも、レジでの777円にラッキー

2億円の当たりくじを、水害見舞いにポンと寄付した太っ腹の持ち主は、どういう人だろうかと、想像してみる。

もともと大金持ちなのだろうか。いや、違うような気がする。大金持ちならば、お金はいくらあっても困らないことを知っているから、寄付などしないのではないか。

僕は、寄付した人は、こつこつと堅実でつつましい人生を歩んできた苦労人に違いない、と思う。そして、たぶん人生の残りをほどほどに過ごす程度の蓄えはあるが、決して金持ちからは程遠い人。

2004-0727-1234.jpgこの人も、当選したことが分かった時には目を疑い、この大金をどうやって使おうかと、あれこれ夢をめぐらせたことだろう。

だが、あれこれと2億円の使途を考えれば考えるほどに、むなしさもまた広がっていって、この人は自分が2億円を持つことの無意味さ、不遜さを、つくづくと感じたのかも知れない。

僕だったら、2億円の当選券を寄付する度量があるだろうかと考えると、やはり出来ないような気がする。

ていうか、僕は何十年も宝くじを買い続けた結果、絶対に当選はあり得ない、という結論に達して、数年前から購入をきっぱりとやめている。

今日、コンビニのレジで、僕の買った合計が777円だった。
ただそれだけのことで、景品をもらえるわけでもないが、「わあ、ラッキーですね。大当たり」と、中国人の女性店員さんが喜んでくれた。

消費税込みで、ちょうど777円になるように買い物をするというのは、やろうと思ってもなかなか出来るものではない。

僕には、ささやなかこのラッキーで十分である。
 
          
朝刊1面最初の3文字 朝日‥「介護保」 毎日‥「政府は」 読売‥「一九九」 日経‥「政府は」 

本日の地球 タイとミャンマーの国境付近で地雷を踏んだゾウに、義足をつける計画。数十年に渡って埋設された地雷の多くは、雨で流されて在処も不明。人間も動物も手足を吹き飛ばされている。

21世紀の残り日数 35221日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/26

5月末に死んだ猫あてに、手紙がきた

 今日配達された郵便物の中に、「○○万太郎様」という手紙があった。
 万太郎というのは、我が家で14年間家族として暮らし、5月31日に他界した猫である。

 2004-0726.jpg差出人は、大リーグで活躍する松井秀喜のホームランカード事務局だった。

 もう10年以上昔のこと、甲子園の夏の高校野球全国大会で、松井秀喜が全打席敬遠されるという、前代未聞の試合があった。
 この敬遠は大ブーイングを呼び起したが、一振りもすることを許されなかった松井は、意外にサバサバしていて、それ以来、僕はすっかり松井のファンになった。

 松井は巨人に入り、松井秀喜ホームランカードがスタートした。僕は巨人嫌いではあるが、松井だけは別だ。

 松井ホームランカードは1人1枚限りとなっているため、僕は家族の名前全員で申し込むことにした。
 こうして猫の万太郎も、松井ホームランカードの登録会員になった。

 松井が大リーグに移籍しても、ホームランカードは日本での本数を引き継いで継続発行されることになった。
 今日届いたのは、大リーグ2年目の4月~6月分のホームランカードの申し込み書だ。

 万太郎の名前が印刷された郵便物を手にすると、まだどこかに生きているような気がする。

 ここ数日、だれもいないキッチンのナベが、ひとりでに床に落ちて転がるという不思議が、2度も起きた。
 ナベが落ちたのはいずれも、万太郎の食事のための皿を置いていた場所だ。

 万太郎は、まだこのあたりにいるに違いない。 
 
         
朝刊1面最初の3文字 朝日‥「社会保」 毎日‥「旧日本」 読売‥「日本歯」 日経‥「日本経」 

本日の地球 中国で赤ちゃん118人を売買していた医療従事者ら6人に死刑。ほとんどが女の赤ちゃんだったという。売買の中身も刑罰もスケールが違う。

21世紀の残り日数 35222日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/25

ボリショイの「失敗」は、完璧な演出だった

いやはや、恐れ入谷の鬼子母神とは、このことだ。これはもう脱帽する以外にない。

20日のこの欄で、「ボリショイ・サーカス、一瞬の失敗乗り切りに感動」と書いたが、その後、同じ公演を異なる日時に見に行った複数の人から話を聞いたところ、まったく寸分違わない「失敗」がどの公演でも行われていたことが分かった。

ということは、これらの複雑な失敗のすべてのプロセスは、完璧なシナリオに基く最高レベルの演出にほかならなかった、ということだ。

確かにいまから考えれば、ボリショイの目玉の一つであるバランス・アクロバットで、2度も失敗を観客に見せるというのは、おかしいといえばおかしい。

しかし、空中で逆立ちしている男と地上の女が、失敗をめぐって緊迫の会話を交わしたり、カーテンの陰からマネージャーらしい男が出てきて何か叫んだりと、それは予期せぬ失敗そのもののごとくに展開され、客席は凍り付いたまま成り行きを見守っていた。

観客を凍り付かせておいて、2度の失敗の後でかろうじて最後の演技を完成させ、万雷の拍手を浴びるというのは、これ以上のドラマチックな演出はない。

異なる日時の公演を見た人と、この話をしなければ、だれもがあの失敗は本当の失敗で、それを乗り切ったボリショイはさすがだ、と思い込んでしまうに違いない。

すごいと思うのは、その失敗が寸分の狂いもなく、進められていることだ。1度目の失敗では、それまで逆立ちした手の下に積んだ9個のブロックを崩して、すべて地上に落としてしまう。

もっとすごいのは、2度目の失敗だ。この時は、取り損ねた10個目のブロックが空中のテーブルの上に落ちるのだが、テーブルの予定の位置に正確に落とすのは、至難のワザだろう。

演出された「失敗」を、筋書き通りにこなすのは、失敗なしでスムーズに成功させるよりもはるかに難しいことだ。
それを難なくやってのけるボリショイは、さすが世界一のサーカス。凄すぎる、としかいいようがない。

        
朝刊1面最初の3文字 朝日‥「韓国の」 毎日‥「豪雨に」 読売‥「読売新」 日経‥「政府は」 

本日の地球 アフリカ起源の西ナイル熱がアメリカ西海岸で大流行の兆し。日本への侵入も時間の問題。背景にグローバリズムがあり、さらにその背景には温暖化による生態系の異変が。

21世紀の残り日数 35223日

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2004/07/24

観光立国が泣く、都心の線路はゴミ捨て場

2004-0724-1256.jpg 土曜日の昼下がり、JR新宿駅のホームに立ってなにげに線路を見て、びっくりした。
 ペットボトル、空き缶、スナック菓子の袋‥‥ありとあらゆるゴミが投げ込まれたままだ。駅員が掃除する気配もない。
 歌舞伎町あたりで夜を明かした若者たちが、始発電車で帰る時に捨てて行ったのだろうか。

 日本人はきれい好きで清潔好きだと言われるが、それがあてはまるのは、次のケースだけだ。
 一つ。自分がお金を払って行くテーマパークやレストラン、シアターなどは絶対にキレイでなければならない。
 二つ。自分の家、自分の部屋、自分の庭、など自分に所有権のあるものは、キレイにしておきたい。

 だから、公共の施設や街頭をキレイに保つことについては、ひどく消極的で関心が薄い。

 いやしくも、ここは日本の首都を代表する繁華街の駅であり、都庁のおひざもとの駅である。

 外国からやってきた観光客が、ゴミ捨て場と化している線路を見たら、何と思うだろうか。

 現在、外国からの観光客は年間500万人で世界の35位。政府はこれを2010年までに倍増させるため、観光立国づくりを目指している。

 その方策を検討する観光立国懇談会が去年まとめた報告書は、つぎのように述べている。
 「日本の都市の景観は、他の先進国の主要都市に比べて決して美しいものではない」

 線路へのゴミ捨てが平気で身過ごされている状態では、観光立国などムリムリ。

 (追伸:「21世紀の歩き方大研究」の新世紀つれづれ草に、「花火の天日干しで思い出す、遠い日のシズコちゃんのこと」をアップロード)
 
        
朝刊1面最初の3文字 朝日‥「NHK」 毎日‥「政府は」 読売‥「村瀬清」 日経‥「長期金」 

本日の地球 「憲法9条が日米同盟の妨げになっている」というアーミテージ発言に波紋。会談の中で出た言葉として、得意顔で発表した中川国対委員長も、うさんくさい。

21世紀の残り日数 35224日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/23

サラダバーにみる客と店の静かな攻防戦

2004-0723-11351.jpg 野菜をたっぷり食べたい時は、サラダバーのあるレストランがいい。
 僕がランチタイムに時々行く新宿の店は、フレッシュで品数豊富なサラダバーが売り物で、野菜類20種類ほどのほかにメロンとキーウィがある。

 単品で315円だが、サラダバー付きのランチメニューもあって、女性だけでなく男性にも「取り放題」のサラダは大人気だ。

 取り放題とはいっても、そこにはルールがあって、客とお店との静かな攻防戦が繰り広げられる。

 サラダバーを取る皿は、ウェイターないしウェイトレスがパンと一緒に持ってくる。まず、このパンの量の多さに、だれもが圧倒される。
 ゆうに2人前のパンで、これにより客は、取っていいサラダバーの量に暗黙のプレッシャーをかけられる。

 さらに、サラダバーの皿をテーブルに置く時必ず、さりげなく「一回限りです」と念を押される。
 一回でも十分な量のサラダを取ることが出来るのに、なぜ毎回どの客にも、一回限りと念を押し続けているのか、不思議に思っていた。

 その理由が分かった。
 今日、僕の近くの席に、おばさんの二人連れがすわり、そのうちの一人だけがサラダバーを頼んだ。
 崩壊するかと思うほど山盛りのサラダを取ってきたおばさんは、「さあ、おたべよ」などといって、もうひとりのおばさんと二人でピラミッドのようなサラダを、みるみるうちに食べつくした。
 
 おばさんたちに限らず、グループや家族連れの中には、そのうちのだれか一人だけがサラダバーを取って、みんなで分け合うというのは、よくある光景なのかも知れない。
 「一回限りです」と念を押すのは、お店にとってのギリギリの防衛ラインなのだろう。

 僕の場合は、パンの量は無視して、食べたい野菜たっぷりとフルーツを、しっかり確保する。
 ここに載せた写真のほかに、メーンディッシュとドリンクが来るので、パンは一個しか手をつけない。

 残ったパンは、どうなるのだろうか。
 つぎの客に出すのだろうか。捨てるのだろうか。
 サラダバーの攻防の陰で、活躍の場を奪われたパンたちが、あわれな気もする。

追記:このレストランはその後、改装されてサラダバーはなくなった。その代わりに見つけたサラダバーのあるお店の話を、05年8月7日に掲載した。 
        
朝刊1面最初の3文字 朝日‥「社会保」 毎日‥「米国産」 読売‥「昨年一」 日経‥「UFJ」 

本日の地球 アテネ中心部で数千人が「オリンピックをやめさせよう」とデモ。一部が投石を繰り返し、警官隊が催涙弾で応戦した。五輪を支配する商業主義とアメリカの影。

21世紀の残り日数 35225日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/22

何の変哲もない日のブログの書き方

 さて今日のブログは何を書こうか、と迷っている人は多いはずだ。
 何も書くことがない日には書かない、というのはブログを続けていくための重要な鉄則らしい。

 「更新しないブログ」というのがある。来る日も来る日も、更新しない言い訳を一言書いただけのシンプルなブログだが、これが意外に人気を呼んでいる。

 僕の今日は、何の変哲もない一日だった。もちろん、いろいろなことはあったのだが、ブログに書くようなことはない。
 それなら、鉄則通り、ブログは書かなければいいようなものだが、習性のようなもので、書かないのもパンツをはかないで歩くようで、スカスカして落ち着かない。

 変哲もない一日。ところで、変哲って何の意味だろうか。意味を知らないで使っている。
 広辞苑を引いてみる。「変わったこと。違っていること」とある。
 
 今日は変哲があった、というような使い方はあまり聞かない。「あのお店には変哲が多い」という言い方もしない。

 これは否定形のみで使われる言葉なのだろうか。
 ふがいない、だらしない、しがない、なども否定形のみで使われているような気がする。ふがい、だらし、しが、は何の意味かと言われても分からない。

 はしたない。はしたは中途半端の意味とあるが、はしたある、とは言わない。
 やぶさかでない。やぶさかは、物惜しみやケチの意味だが、やぶさかである、とは言わない。

 変哲のない日にブログを書くことに、やぶさかである。と書くと、自分でも何を言わんとしているのか分からなくなる。
 
        
朝刊1面最初の3文字 朝日‥「公立の」 毎日‥「小泉純」 読売‥「事故な」 日経‥「日本郵」 

本日の地球 アイルランドのパブ経営者が、客の喫煙をとめることが出来なかったとして、罰金刑を言い渡される。日本では、要求を断れず操縦室に客を入れた航空会社。

21世紀の残り日数 35226日

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004/07/21

1人の命を救うため、撤兵を決断したアロヨ大統領

 フィリピンのアロヨ大統領が、アメリカとの板ばさみになりながらも、イラクからの軍の前倒し撤退を決断したのは、たった一人のフィリピン人運転手の命を救うためだった。

 たった一人の命が、いかに重いものであるかを、これほどまでに感じさせる政治的決断はない。
 この運転手には8人の子どもがいて、その中には日本に働きにきている娘もいるという。

 「テロリストの脅しに屈するな」というアメリカなどからの強い批判をはね返して、武装勢力の人質になっていたフィリピン人を解放させたアロヨ大統領は、「決断に悔いはない。すべての生命は重要だ」と語っている。
 
 この決断に対し、日本人人質事件で「テロリストに屈するな」の論陣を張って、自衛隊を撤退させないという日本政府の方針を支持してきた大新聞は、朝日も含めてとまどい気味だ。

 僕は、金科玉条のごとくに、また錦の御旗のごとくに叫ばれる「テロリストに屈するな」という声高な主張について、本当に正しい論理なのかどうか、このへんで疑ってかかる必要があるのでは、と思う。

 スベインの電車テロを契機にして、イラクに派兵している国が撤退したり、撤退を検討するところが相次いでいるのは、「テロリストに屈するな」というアメリカの主張の正当性に、根源的な疑念が生じているためだ。
 大量破壊兵器が存在しないのに、情報機関の誤った情報をもとに、国連決議に基かない先制攻撃で、イラクに一方的に戦争を仕掛けたアメリカやイギリスのやったことは、それこそ国家ぐるみのテロ行為であり、米英両軍は世界最強のテロリスト集団ではないのか。

 米英軍やこれに追随する国がイラクでやったことは、国際法違反の犯罪であり、国家の名による組織的テロである。
 「テロリストに屈するな」という言い方は、一方的に戦争を仕掛けられたイラクの人々にとっては、「アメリカというテロリスト国家に屈するな」という意味で、アメリカに投げ返す言葉になる。

 イラク戦争の正当性がなかったことが白日の下にさらされている今、「テロリストに屈するな」はなんの説得力も持っていない。

 アメリカは、アロヨ大統領の今回の決断に怒り心頭で、フィリピンへの報復措置も検討していると伝えられる。アメリカという国は、どこまで傲慢で愚かなのだろうか。
 アロヨ大統領が孤立することのないよう、多くの国の人々とともに、今回の英断に声援を送りたい。

 (追伸:「21世紀の歩き方大研究」の新世紀つれづれ草に、「アポロの月面着陸から35年、星条旗を掲げたのが間違いだった」をアップロード)
    
      
朝刊1面最初の3文字 朝日‥「日本経」 毎日‥「火山活」 読売‥「火山活」 日経‥「郵政事」 

本日の地球 米カリファルニアで、大規模山火事相次ぐ。過去5年間で最大級。関東地方の各地では、史上最大級の猛暑続く。地球炎上の幕開けかも知れない。

21世紀の残り日数 35227日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/20

ボリショイ・サーカス、一瞬の失敗乗り切りに感動

2004-0720.jpg 有明コロシアムで公演中の、ボリショイ・サーカスを見に行ってきた。

 僕はサーカスの醍醐味は、失敗するかも知れないという、まさにその一点に尽きると思っている。
 絶対に失敗しないコンピーター制御のような完璧なサーカスだったら、それはサーカスではない。

 今公演の目玉であるバランス・アクロバットは、空中に固定された丸テーブルから上にのびる2本のポールの上で、逆立ちで演ずる難しい芸だ(撮影禁止のため、この写真はパンフレットからのもの)。
 逆立ちした男に、地上の女性が積み木のようなブロックを放り上げ、男はヒョイと片手で取ると、ポールに積む。ブロックは次々と放り上げられ、男は逆さの格好のまま、手の下に積んでいく。

 手をついているポールに5個、もう片方のポールに4個のブロックが積まれ、最後となる10個目が放り上げられた時、男はつかみとることが出来ず、その上、バランスを崩して、すべてのブロックが崩れて地上に落ちてしまった。

 客席は凍りつく。逆立ちしたままの男と、地上の女がロシア語で緊迫の会話をしている。カーテンの後ろからマネジャーのような男が出てきて、何か叫んでいる。

 どうやら、もう一度最初からやり直すらしい。
 男の方はずっと逆立ちのままだが、再び1個目のブロックから投げ上げられて、次々に積まれていく。
 さきほど失敗した最後の10個目。客席からアーッという声が上がる。

 男はまたもや取ることが出来なかった。
 しかしこんどは、ほかのブロックは崩れることなく、取り逃した10個目のブロックはなんと空中のテーブルの上にひっかかっている。

 男は、テーブルに落ちたブロックをつかもうと手をのばすが、あとわずかに及ばない。
 こんどは地上の女性もどうすることも出来ない。

 そこで男は、積み上げたブロックの一個を取って、それを「道具」にしてテーブルのブロックを少しずつ引き寄せ、横になっていたブロックを「道具」を使って慎重に縦にする。
 これでギリギリのところで手でつかむことが出来、10個のブロックを無事にポールに積んで万雷の拍手を浴びた。このすべての動作は、当然のことであるが、空中で逆立ちしている格好のまま行われた。
 
 失敗した時の対処方法については、さまざまなケースを想定して訓練を繰り返しているのだろうが、ピンチに臨んで冷静に対応して無事に乗り切った今回の様子は、リアルな緊迫感に包まれていて、一度で成功したよりずっと感動的だった。
 
 人間の真価は失敗しないことにではなく、失敗や危機をどのように乗り切るかにあるのだと思う。
  
     
朝刊1面最初の3文字 朝日‥「横浜市」 毎日‥「自民党」 読売‥「原子力」 日経‥「金融庁」 

本日の地球 猛烈な暑さが伝統となっているロンドンの地下鉄が、百数十年の歴史で初めて冷却システム導入へ。来年夏前の設置めざす。紳士にも温暖化は耐えがたし。

21世紀の残り日数 35228日

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/07/19

サグラダ・ファミリア教会に、なんと爆弾の彫刻があった

 スペイン・バルセロナ最大の観光名所となっているサグラダ・ファミリア教会(聖家族教会)に、爆弾を手にする青年の彫刻がある、と昨日の日経新聞「美の美」で知って驚いた。

 サグラダ・ファミリア教会は、19世紀後半から20世紀初めにかけて、独特の曲線を生かした数々の建築で知られるガウディの代表作で、着工から120年経った現在もなお建築が続いている。
 完成は100年先とも200年先ともいわれているが、最近の観光客の増加による観光収入で、完成はもっと早まる、という観測も出ている。

 日経の記事によると、この建物の「ロザリオの間」の柱の上に、化け物から爆弾を手渡される青年の姿が、彫刻になっている。その青年は渡された爆弾を受け取りながら、聖母マリアを仰ぎ見ている、というのだ。
 写真を見ると、爆弾はメロン大の大きさで、いくつもの小突起がある。これは世界でも稀に見る爆弾の彫刻といっていいだろう。

 ガウディがほとんど寝泊りをしながら、この教会の建築指揮にあたっていた20世紀初頭、バルセロナではアナーキストによる爆弾テロが相次いでいた。
 記事では、この青年は悪魔からのテロの誘いに迷いながら、マリアに問いかけており、敬虔なカトリック教徒だったガウディのメッセージが込められている、とも書かれている。

 それは天才のみが見通すことが出来た、100年後のテロの世紀への予告ともいえる。

 僕が2000年の秋に、この教会を訪れた時は、観光名所とはいうものの、何本ものクレーンがうなりを上げて動いていて、巨大な建築現場の裏側という感じだった。
 このような彫刻があることを知っていたら、注意深く探していたのにと、残念な気がする。

 今からバルセロナを旅行する方は、この教会のロザリオの間を通ることが出来たら、ぜひ見逃さずに見てくることを勧めたい。
 
     
朝刊1面最初の3文字 朝日‥「北朝鮮」 毎日‥「毎日新」 読売‥「ジャカ」 日経‥「有力企」 

本日の地球 長崎に原爆を投下したB29の機長がボストンの病院で死去。原爆投下こそが戦争を終結させた、という持論を最後まで貫き続けた。

21世紀の残り日数 35229日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/18

エアコンの水漏れにメーカー逃げ腰、感電覚悟で自力修理

20日ほど前のことになるが、居間のエアコンから雨漏りのような激しい水漏れが始まった。
ダ○○ンのサービスセンターに電話して、かけつけた担当者がエアコン室内機のカバーを外して2、3分で修理は終わった。
確か、数年前に同じように水漏れが起きた時は、高圧ノズルのようなものを排水口に入れて、パイプの中にたまっているホコリなどを吹き飛ばしていたはずだが、こんな簡単な修理でいいのだろうか、と不安がよぎる。

この不安は的中し、先週の木曜日にまた水漏れが始まった。
再度の電話でかけつけた前と同じ担当者は、低姿勢ながら、「メーカーが修理できるのはエアコン本体までで、排水パイプの途中に問題がある場合は、対応のしようがない」という。
「前回は高圧ノズルでやってもらった記憶があるが」と尋ねると、担当者は「フロンガスの規制によって、その方法は今禁止されている」という。

とりあえず水漏れを止めた後、担当者は次のようにクギを刺して帰って行った。
「この次に水漏れが起きたら、パイプ洗浄業者に頼むか、あるいは自分で乾湿両用クリーナーを購入して、ベランダ側の排水口からパイプの中のものを吸い取るしかありませんね」

その翌日、また水漏れが始まった。
乾湿両用クリーナーも買ってないし、パイプ洗浄業者を自力で探してもいつになるか分からない。

この猛暑の中、水漏れを止める方法として、僕が考えついたのは、普通のクリーナーを使ってパイプの中に詰まっているものを吸い取ることだった。
水分の吸収に対応していないクリーナーなので、感電の危険がある上に、水分をモロにかぶるモーターが壊れてしまう可能性も大きい。

しかし、やる以外に方法はない。クリーナーのホースを、ベランダに出ているエアコンの排水口に当てて、隙間が出来ないようタオルを巻いて、スイッチを入れる。

ウィーン、ゴボゴボゴボ、というもの凄い音とともに、2部屋の床の下を通っている排水パイプの中身が吸い取られていくのが分かる。
感電しないよう注意を払うのに気を取られて、吸い込んだ水分がどうなっているのか見もしないまま、5分ほど吸い込みを続ける。

ようやく作業を終わって、クリーナーを見て飛び上がった。なんと、クリーナーはバケツ1杯分ほどの水を吸い込んで、そのまま床の上に吐き出しているではないか。
排水パイプが詰まっていたため、これだけの水が外に流れることなくたまっていたのだ。これではエアコンから水漏れが続くのは当然だ。

クリーナーは一日かけて乾燥させ、水分を蒸発させて、とりあえずは、故障もしていないようだ。

それにしても、ユーザーにこのようなことを強いるメーカーの姿勢には、大いに疑問を感じる。
なぜ修理の担当者は、乾湿両用クリーナーくらい用意して来ないのだろうか。

この次にエアコンを買い換える時は、水漏れした場合に排水パイプも含めて対応してくれるメーカーの製品にしようと決めている。

追記:この記事の続報として、05年6月24日に「エアコンの水漏れ、1年後の顛末」を掲載した。 
  
朝刊1面最初の3文字 朝日‥「パキス」 毎日‥「政府は」 読売‥「日本、」 日経‥「トヨタ」 

本日の地球 先月から続く南アジアのモンスーンによって、インド、ネパール、バングラディシュ、ブータン、アフガニスタンの5カ国で2300万人が被災。伝染病の懸念も広がる。こうした国々の災害はほとんどニュースにならない。

21世紀の残り日数 35230日

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/07/17

さらば青山ブックセンター、右倣えの流れに勝てず

2004-0717-1159.jpg アート、カルチャー、メディアなど個性的な品揃えと、お洒落な雰囲気で親しまれてきた青山ブックセンターが、破産申し立てを受けて7店全店が閉鎖された。
 新宿ルミネの5階にある店舗では17日、同じフロアにミュージックショップや喫茶などが営業しているため、シャッターを下ろすわけにいかず、机などで応急の柵をつくって売り場を囲っていた。
 閉店を告げる張り紙の前では、エスカレーターで次々に訪れる客に、社員(?)たちが「申し訳けございません」とひたすら謝るばかり。

 「いい書店だったのに」と閉店を惜しむ声は多いし、僕も残念に思う。
 が、それでは自分は青山ブックセンターをどれだけ利用していたかと問われると、返答に詰まってしまう。

 僕は青山ブックセンターの店内を歩いて回るのが好きだったが、考えてみると、ただそれだけのことで、書籍を買ったことはほとんどない。

 書籍は紀伊国屋で買って、青山ブックセンターは店内をプロムナードしたり、アート系の書籍を手にしたりして、雰囲気を楽しむために訪れていた。

 閉店を惜しむ人たちの中には、僕のようにほとんど買うことがなかった人も少なくないのではないか。
 これでは、営業成績が落ち込んで破産してしまうのは無理もないのだ。 

 あまりにもお洒落な店づくりが裏目に出たともいえるが、もうひとつの問題は最近の本の売れ行きにみられる極端な一極集中現象だ。
 「セカチュー」や「バカ壁」が何百万部売れようと、これはマスコミが作り出した作為的な雪崩現象の結果であって、日本の書籍文化からすれば、むしろマイナスでしかない。

 マスコミの意図的な仕掛けに乗りやすく、踊りやすい現代日本のマス(あるいはモブ)は、潜在的なファシズムの格好の温床を形成しつつあるといっていい。

 青山ブックセンターの破産は、超ベストセラー集中型のファッショ的読者層が引き起こした必然のような気がする。

 (追伸:「21世紀の歩き方大研究」の新世紀つれづれ草に、「生命は9億年前、性と引き換えに個としての死を受け入れた」をアップロード)
 

   
朝刊1面最初の3文字 朝日‥「厚生労」 毎日‥「三菱東」 読売‥「経済再」 日経‥「三菱東」 

本日の地球 南京市に「泣きバー」が登場。ホワイトカラーの中国女性たちの、ストレス発散の場として大人気。店内には、催涙効果のある唐辛子や、自由に割っていいコップも。日本にも登場するか。

21世紀の残り日数 35231日

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2004/07/16

ブログのデータ消失、ついに現実に

7月4日のこの欄で懸念を表明したとおりの、恐れていた事態がどうやら起きつつあるようだ。

'JUGEMがさっそくデータ消失' , thiswholeworld.にも書かれているが、このところお手軽なレンタルホームページや無料ブログにおける、データ消失事件が相次いでいる。

7月1日には、ロリポップにおいて、個々人のホームページデータや、メールデータが一瞬のうちに吹き飛ぶ事故がおきた。バックアップしてなかったデータは、一巻の終わりである。

さらに7月14日には、無料ブログのジュゲムにおいて、移行したばかりのJUGEM正式版で、ユーザーのブログデータが消失する事故が発生した。原因は、βユーザーのデータ移行時のプログラム・システムの不具合と説明されている。

これらの事件は、爆発的な広がりをみせているブログの世界が、意外にもろい基盤の上に成り立っていることを、まざまざと見せ付けてくれる。

レンタルホームページやブログの最も大きな落とし穴は、前回も書いたように、ローカルのサーバー(自分のパソコン)の中に、重要なデータが全く残っていない、という点にある。
本文のテキスト部分はもちろんのこと、コメントやトラックバックなどは、リモートのサーバー(サービス会社のサーバー)から消えたら最後、それっきりである。

写真は、デジカメなどからいったんパソコンに取り込んで、ブログにアップロードしていれば救われるが、ケータイから直接、ブログにモブログしていれば、消失の危険がある。

データ消失の危険は、ブログだけでなく、大人気のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)でも、決して無縁ではないだろう。
人気のSNSはみなサーバーの容量が限界にきていて、サーバー増強などの対応を迫られているが、ジュゲムの事件にみられるように、サーバーの増強や切り替えの時が、最も危険である。

また、ブログやSNS、レンタルホームページのほとんどは、最初に申し込む時の「規約」で、万一の場合にはデータは保護されない場合があるということを明記している。
データのバックアップは、すべてユーザーの「自己責任」であることとにもっと注意を払って、それぞれが対応策を講じていく必要があるだろう。
   
   
朝刊1面最初の3文字 朝日‥「UFJ」 毎日‥「国内の」 読売‥「BSE」 日経‥「農水省」 

本日の地球 国連開発計画がまとめた「人間の豊かさ」指数で、1位はノルウェー。ついでスウェーデン、オーストラリア、カナダ、オランダ、ベルギーと続く。日本は9位に入っているが、女性の政治・経済分野への進出度では、なんと38位。

21世紀の残り日数 35232日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/07/15

保冷剤としてもらったドライアイスで遊ぶ

2004-0715-1323.jpg ケーキなど生ものを買うと、保冷剤にドライアイスがついてくることがある。
 このドライアイスは、捨ててしまうには惜しい気がして、僕はいつもコップの水の中に入れて、泡立つ様子や立ち上るCO2の煙を眺めていた。
 
 もっと変わった楽しみ方はないものかと、コップの水に、食器洗剤を2、3滴たらしてから、ドライアイスを入れてみた。
 すると、白い細かい泡が束になったような、泡のお化けが次から次へと、コップの中から出てくる。
 この泡はなかなか消えずに、連なったままコップの外に這い出して、なお新しい泡の束がどんどん出てくる。
 
 ドライアイスがなくなるまでの5、6分間、この泡のアートを楽しむことが出来る。
 この泡が、一つ一つ分離して空中に飛んだらなお面白いのにと思う。こんど、風の強い日に、ベランダでやってみたら飛ぶだろうか。

 ドライアイスが溶けて気化したCO2は、温暖化を加速させるのだろうか、などと一瞬考える。
 そもそも、人間を含めたすべての動物は、一時も休むことなくCO2を排出し続けているのだ。

 分かった! 温暖化の防止策は、ドライアイスをどんどん作ってCO2を固体にしてしまえばいい。
 でも、そんなに沢山のドライアイスを作って、どこにどうやって保管しておくか。冷凍倉庫をどんどん作るか? 
 しかし冷凍倉庫を冷やし続ける電力で、ますます温暖化が進む。やっぱりダメだな。
   
   
朝刊1面最初の3文字 朝日‥「UFJ」 毎日‥「米国防」 読売‥「日本歯」 日経‥「UFJ」 

本日の地球 開戦前のイラクは生物・化学兵器を持っていなかった、とイギリスの独立調査委員会が報告書。ブッシュとブレアは戦争犯罪人として、国際法廷で裁きにかけるべし。もちろん、ポチも一緒に。

21世紀の残り日数 35233日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/14

この世界で起きていることは、夢のまた夢

露とおち 露と消えにし わが身かな 難波のことも 夢のまた夢

僕は昔から、このあまりにも有名な秀吉の辞世の歌に、強く惹かれるものを感じてきた。

秀吉ほどの成功を収めた者が、最後に到達した「夢のまた夢」の境地こそ、この世の本質であり、彼は最期の瞬間に、この真理をさとったのだろう。

これに関連して思い出すのは、2年前に新聞に載ったエルサレムのある医師の話である。
その医師がある時、窓の下の通りを見ながら、知り合いの日本の大学教授に言った。
「ご覧なさい。大勢の人が歩いているが、これは夢だ」
医師によれば、いまこの国にいることも、自分が医者であることも、すべて夢なのだそうだ。

夢というのは、かりそめの姿、とどめおくことの出来ないもの、ほどなく消えてしまうもの、拘泥しても無意味なもの、などいろいろに解釈できる。

この世のもろもろの出来事も、うつろう一瞬の幻影であり、いずれすべてが無に帰していく。このことは、文明の寿命の短さからも裏打ちされる。
まして個々人の命の短さ、一生のはかなさたるや、いかなる財力と権力を手に入れたとしても「夢のまた夢」を乗り越えることは出来ない。

日本の男性最長寿の109歳が亡くなったと、ニュースにある。最も長く生きて109歳とは、なんと人生とは限定的なのかと思う。

夢のまた夢ですら、その夢の中にいる期間は、たかだか70年か80年なのだ。
夢の中にいるうちが花。夢が終われば、永遠に続く無。それこそが夢でない本来の現なのかも知れない。

(追伸:「21世紀の歩き方大研究」の新世紀つれづれ草に、『時間の岸辺から』第58回 「1.29ショック」をアップロード。これは欧州の邦人向け日本語新聞「英国ニュースダイジェスト」に同時掲載)
   
   
朝刊1面最初の3文字 朝日‥「参院選」 毎日‥「政府は」 読売‥「政府は」 日経‥「UFJ」 

本日の地球 人質の人命優先か、米国の要求優先か、板ばさみで苦しむフィリピンのアロヨ政権。日本では人質とその家族への大バッシングで、自衛隊撤退を求める声は消された。日比のあまりの違い。

21世紀の残り日数 35234日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/13

受動喫煙の加害スモーカーは死刑にせよ

 職場での受動喫煙を放置したとして、東京地裁が江戸川区に慰謝料5万円の支払いを命じる判決。

 何をかくそう僕は学生のころ、缶入りの両切りピースを愛好するヘビースモーカーだった。
 それが就職を機会に何か一つくらい心を入れ替えなきゃ、と思って禁煙を決意し、そのまま今日に至っている。

 いまでは、ほかの人が吸うタバコの煙が、苦痛で苦痛でたまらない。

 街を歩いていると、前を歩く人の歩きタバコの煙が、僕の顔を直撃する。
 僕はそいつから離れようと、歩く速度を落としてノロノロと歩く。
 と、そいつの歩く速度もゆっくりになって、煙は相変わらず僕を直撃し続ける。

 僕は思い切って歩くスピードを上げて、そいつを追い越そうとする。ところがこんどは、そいつも急に早足になって、追い越すことが出来ない。
 僕は戦術を転換して、いったんそのへんの書店に入って、そいつから離れることにする。驚いたことに、なんとそいつも書店に入り、僕が出るタイミングを伺っているように見える。
 僕がスキをみて書店を出ると、そいつも出て、やはり僕の前を歩きながらタバコに火をつける。
 僕は立ち止まる。そいつも立ち止まる。僕が走れば、そいつも走るに違いない。
 
 助けてくれえ、このスモーカー野郎を、どうにかしてくれえ。
 僕は(心の中で)そいつのケツを思い切り蹴上げる。当たり前のことだが、そいつはビクともしない。

 かくして僕は、たっぷりとタバコの煙を吸わされるハメになり、服にも頭にもタバコの臭いがしみついて離れない。

 日本で受動喫煙によって死亡する人は、年間2万人から3万人にも上るといわれている。交通事故死者の3倍である。
 喫煙者が肺がんなどで死ぬのは、自分で了解した死であり、覚悟の死でもある。

 しかし、煙を吸いたくない者にまで煙を浴びせかけて吸わせるのは、泥酔して猛スピードで車をとばすのと同じで、殺人行為にあたる。
 
 因果関係の立証には困難が伴うが、受動喫煙の加害スモーカーに対しては、殺人や殺人未遂、殺人予備などの重い刑罰を科すべきだと思う。
 年間2万人以上の死者の責任は、スモーカーがきちんと落とし前をつけるべきだ。
 悪質な加害スモーカーは、死刑に処して当然である。

   
朝刊1面最初の3文字 朝日‥「職場で」 毎日‥「人間の」 読売‥「経済産」 日経‥「小泉純」 

本日の地球 ニューヨークに初の漫画喫茶誕生。経営者は日本人で、日本の漫画2万冊を揃える。こんなところにニホン村を作ってどうする。

21世紀の残り日数 35235日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/07/12

1議席減で自民敗北の大見出しはおかしいぞ

自民敗北という大見出しに異議あり。自民は改選前議席から1しか減っていない。
自民現状維持とするべきで、せいぜい自民微減がいいところだろう。

こうした大見出しによる民意操作は、今回の選挙がもたらしたものについて、大きく判断を誤らせる結果となる。
民主が増やした数は、共産が減らした数にほぼ等しい。

自民敗北という大見出しに、してやったりという自民党の高笑いが聞こえる。
今回の選挙の結果は、端的に言うと改憲政党の伸張であり、その裏返しとしての護憲勢力の壊滅である。

これで憲法改正はますます現実味を帯びてきた。国会の3分の2以上で改正を発議することは、何の支障もないだろう。
国民投票でも、大マスコミが改正は時代の流れであるように煽りたて、有権者は雪崩を打って右ならえをしていくように思う。

欧州でもアジアでも、ほかの国は新しい時代のうねりに敏感に反応しているのに、日本だけが逆の道をたどっている。
これでどのような社会になっていこうが、自分たちが選択したことなので、それこそ日本人の自己責任だ。

日本のピークは、あらゆる意味で70年代だった。あの時代のエネルギーは、どこに消えたのだろう。

まもなく訪れる人口の激減、1000兆円を突破する財政赤字、貧富の格差拡大による社会のキシミ。
日本は一度、落ちるところまで落ちたほうがいいような気がする。

--------------------------------
ここで話は横道にそれるが、敗北という言葉にはなぜ「北」の文字があるのだろうか。辞書を調べると、「北」には逃げるの意味があると書いてあるが、なぜだろう。
分からないままだと眠れなくなりそうなので、ネットや百科事典などで調べてみた。断片的にいろいろ書かれていることをまとめると、次のようになる。

驚くことに「北」と「背」は同じ漢字からきていて、「北」の形は2人の人間が背を向け合っている姿で、もとの意は「背を向ける」だった。
昔の北中国の家は南に面しており、北に背を向けてすわるのが作法だったことから、「北」はその方角を意味する字となった。
一方、逃げる時は必ず敵に背を向けて逃げることから、「北」は「逃げる」の意味にもなった。「敗北」とは、負けて逃げるが本来の意味である。
へぇ、へぇ、へぇ、なるほどねえ。これで安心して眠れそうだ。

   
朝刊1面最初の3文字 朝日‥「年金制」 毎日‥「第20」 読売‥「第二十」 日経‥「第二十」 

本日の地球 モスクワは世界で最も億万長者の多い都市。このことを特集記事で明かした米経済誌ロシア版の編集長が射殺。まさか、マフィアの手で?

21世紀の残り日数 35236日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/11

琴やハープの奏者は女、というのはジェンダーか

2004-0711-1206.jpg お昼にデパートのレストランで食事をしていたら、琴の生演奏が始まった。
 生の楽器演奏に接する機会はめったにないので、箸を休めてしばし見とれる、いや聴きほれる。
 演奏者は、芸大か音大の現役学生か卒業生だろうか、などと想像する。

 琴の奏者には男性もいるのに、なぜか琴を弾くのは着物の女性というイメージがある。
 こうしたイメージを持つのは、ジェンダーによる男女の役割固定化で、良くないことなのだろうか、と思ったりする。

 琴よりももっと女性の楽器というイメージが浸透しているのは、ハープだ。

 かつて女性団員を認めないことで世界に知られていたウィーン・フィルも、ハープだけは例外的に女性の奏者を外部から入れることが多かったと聞く。
 ハープ奏者のほとんどが女性だということもあるかも知れないが、やはりイメージや雰囲気の問題は大きいように思う。

 シカゴ交響楽団の演奏で、男性のハープ奏者のものをテレビで見たことがある。
 これこそ偏見といわれるかも知れないが、大きく足を開いてハープを弾く男の姿は、なんともムサ苦しくて、僕は見ていられなかった。

 逆に、ホルン、チューバ、トロンボーンといった大型金管楽器の奏者には、女性の姿を見かけないような気がする。
 これはイメージの問題よりも、肺活量の差によるものかも知れない。

 男の仕事というイメージが強かった指揮者にも、最近はシモーネ・ヤングさんのように優れた女性指揮者が活躍するようになっている。
 女性のチューバ奏者も時間の問題、というより、僕が知らないだけでもう活躍しているのかも知れない。

 僕が以前から持っている疑問だが、女性の作曲家はなぜ少ないのだろうか。
 知られている女性作曲家としては、「乙女の祈り」のパダルチェフスカ(バダジェフスカなど表記は定まっていない)がいるが、これもこの1曲のみで知られている。
 
 ブラームスの音楽に多大な影響を与えたクララ・シューマンのように、音楽に深い造詣を持つ女性は少なくないのに、と不思議な気がする。
 これもジェンダーの問題なのだろうか。
 
   
朝刊1面最初の3文字 朝日‥「廃車し」 毎日‥「小泉政」 読売‥「第二十」 日経‥「自動車」 

本日の地球 フランス議会が、クローン人間作りを「人類に対する罪」として禁止する法案を採択。違反すれば禁固30年と罰金10億円。こうした法案のない国はクローン天国に?

21世紀の残り日数 35237日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/10

20代女性の、オヤヂへの生物学的抵抗感

 今日の朝日の社説は、「20代から見て、50~60代の人に投票するのは生物学的に抵抗がある」という女子学生の話から始まっている。
 この「生物学的に」という言い方は、歯に衣を着せることなく容赦なく、ドキリとした人も多かったのではないだろうか。
 
 これを社説の書き出しに持ってきたのは、多くの若い女性たちの本音であるとともに、投票だけに限らずあらゆる場面における、「おじさん」もしくは「オヤヂ」への抵抗感が端的に表れているからだろう。

 社説ではこの感覚について、「別な生き物であるかのような隔たりを感じる」と解釈しているが、僕はもっと強い生物的嫌悪感のようなものがあるのではないか、と感じる。

 それはおそらく、息が詰まるような閉塞社会にあぐらをかいて、独善と偽善、保身と欺瞞にきゅうきゅうとしているオヤヂたちへの、本能的な激しい拒絶反応なのではないか。

 同じおじさん年齢の僕でさえ吐き気をもよおすほどの、オヤヂたちの、時代への無感覚と未来への無責任。
 いつもいつも、同じようなポーズで髪の薄い頭を下げ、「深くおわび申し上げます」という口とは裏腹に、心の中では舌を出し続けている企業のトップの姿は、オヤヂの生物学的標本といっていい。 

 オヤヂたちにまかせてきた結果、日本の社会は、子どもや若い人たちが希望を持って進むことを、実に底意地悪く阻む社会になってしまった。
 あの、老害オーナーの「たかが選手が」発言は、日本を支配し続けるオヤヂたちの本心に過ぎない。
 
 唯一の救いは、オヤヂたちは先がそう長くないことだ。
 若い世代がおじさん、おばさんになった時、オヤヂとは別の価値観を持つ社会を構築していくことが出来るかどうか。
 日本の未来は、いまの20代、30代にかかっている、といっていい。

(追伸:「21世紀の歩き方大研究」の新世紀つれづれ草に、「デジタル社会の危険な落とし穴、文字化けメール」をアップロード)
  
   
朝刊1面最初の3文字 朝日‥「インド」 毎日‥「北朝鮮」 読売‥「北朝鮮」 日経‥「三菱ふ」 

本日の地球 日本、北朝鮮、インドネシア、アメリカ。複雑な国際関係に翻弄されて引き裂かれた家族が、ようやく再会する。この一家4人は、世界の縮図だ。

21世紀の残り日数 35238日

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004/07/09

2082年、きっと火星に住む

電車の中吊り広告に、おおっと思うコピーが。
「2082年には家族できっと火星に住むの」

あまりにもシュールなコピーに見とれて、何の広告だったのか覚えていない。清涼飲料か健康飲料だったような気もする。
それにしても、商品内容とは直接関係のないコピー文は印象的で、電車を降りてからも覚えている。

笑わないで読んでほしいのだが、実は僕は火星に土地を持っている。ほらほら、だから笑わないで、っていったでしょう。
火星の土地の譲渡権を主張しているアメリカの会社の日本法人が売り出しているもので、僕の所有分は1エーカーだ。
土地の権利証と、所有地の場所を示す火星の地図もついている。
まあ、これは夢を所有するお遊びが90%と解釈しているが、人間が火星に行き来する時代が来たら、もしかして、という期待も10%ほどはある。

中吊り広告にあった2082年という年は、去年地球に大接近した火星が、この次に大接近する年だ。

あと、78年。
とても無理だな。
自分がそれまで生きることが、ではなくて、人間社会がそれまで存続することが。
  
   
朝刊1面最初の3文字 朝日‥「朝日新」 毎日‥「東京都」 読売‥「人事院」 日経‥「金融庁」 

本日の地球 日本の大手銀行が、中国をターゲットにおいたビジネス戦略を競って展開。中国があらゆる分野で日本を追い越すのは時間の問題。

21世紀の残り日数 35239日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/08

巨人のため、世界はあるの

世界は巨人のために

なぜ 巨人といるの
いつ 巨人と会うの
どこ 巨人と行くの
いま 巨人とわたし
巨人のため 野球はあるの
巨人のため 世界はあるの

セは 巨人と一緒
パも 巨人と一緒
セパ 巨人を見つめ
みな 巨人をあおぐ
ナベツネのため 野球はあるの
ナベツネのため 世界はあるの


「清原、行かないで」「工藤、行かないで」「ローズ、行かないで」「小久保、行かないで」
ファンの悲痛な叫びをあざ笑うかのように、巨人はどれほど多くのパ・リーグのスター選手たちを引き抜き、金満ぶとりを続けてきたことか。
人気選手を次々と失ったパ・リーグがどうなるかは、誰の目にも明らかだった。
カネと政治力で、とめどなく進む一極集中。これは、どこぞの国の相似形になっている。

強い者がますます強くなり、弱いものがますます弱くなっていく世界。
そんな世界なんて、いますぐ消えてしまったっていい。
  
   
朝刊1面最初の3文字 朝日‥「厚生労」 毎日‥「プロ野」 読売‥「球団統」 日経‥「プロ野」 

本日の地球 ジュネーブで迷惑メール対策の国際会議始まる。世界はスパムメール漬け。こざかしいヤツの考えることは世界共通。

21世紀の残り日数 35240日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/07

七夕の公共願い事記帳所に長い列

2004-0707-1244.jpg 日本人の多くは、年に2回、願い事をする。初詣と、七夕と。

 初詣は、神社か仏閣かの区別はほとんど意識することなく、1年の無事や、その年の目標達成などを祈る。宗教的で清清しい気分にはなるが、宗教色は薄い。
 七夕では宗教色はさらに薄くなって、すべての生命の故郷である星々に祈るというのが、いかにも日本人らしくさっぱりしていて、年間行事の中でも最も人口に膾炙している所以だろう。

 さて、願い事の一つも書こうか、と思っても、これが簡単そうでなかなか難しいのだ。
 まず笹を用意する必要があるが、七夕の笹を売っているところは年々少なくなっている。以前は、文房具屋さんや、ちょっとした街の八百屋さんでも笹を売っていたが、最近は少子化のせいか笹はめったに見かけなくなった。

 学校や幼稚園などでは、七夕飾りにみんなで願い事を書いた短冊をつるすのだろうが、笹を入手できなかったり、独り者でわざわざ笹を買うまでも、という人たちはどうしているのだろうか。

 新宿の東側と西側を結ぶ公共通路に、今年の七夕から、だれもが自由に願い事を書いて、笹に飾ることの出来る公共の「願い事記帳所」が登場した。
 記帳所には、選挙の記名台のようなテーブルと、短冊、笹につるすためのコヨリ、サインペンなどが置かれ、OLたちをはじめ大勢の通行人が列をつくるほどの賑わいだ。

 僕も願い事を書いて、ほかの人たちの願い事の中に加えさせてもらう。
 笹がたわわにしなうほど沢山つるされた、大勢の人たちのささやかな願い事がみんな叶うといいな、という気持ちになる。

 公共の「七夕願い事記帳所」は、なかなかのグッドアイディアであり、来年以降もぜひ続けて、新宿の一大イベントに成長していったらいいのに、と思う。
  
   
朝刊1面最初の3文字 朝日‥「大手消」 毎日‥「国や地」 読売‥「豊かな」 日経‥「石川島」 

本日の地球 去年、世界で新たにエイズに感染した人は480万人。81年に最初の患者が報告されて以来の死者は、2000万人を超えた。

21世紀の残り日数 35241日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/06

朝顔市を楽しむ3つの鉄則

2004-0706-1043.jpg 本当に久しぶりに、入谷の朝顔市に行ってきた。
 まず鬼子母神に行って、古いお守り札を納め、参拝してから新しいお守りを買う。それからゆっくりと朝顔の露店を見て回る。
 参拝しないでいきなり朝顔を買い求めるのは、邪道のような気がする。

 もう7、8年も前のことだろうか。朝顔市の最終日が日曜日だった。午前中に行ったのに、どの露店もすべての朝顔が売り切れになっていた。
 週末の金土2日間でほとんどを売りつくし、わずかに残っていた朝顔も日曜の朝にはなくなった、という。
 朝顔のない朝顔市は、悲惨なものだった。鬼子母神周辺には、数千人もの人出が、朝顔の残っている露店を捜し求めて、ひたすら右往左往しながら動いていく。
 「どこかに朝顔ないの。高くても買うわよ」といらだつ客たちに対して、平誤る露天の売り子たち。売り子たちは、ただ謝るためだけに、空っぽになった露天に詰めているのだった。

 僕はこの時、入谷まで行ってついに朝顔を手にすることなしに、すごすごと帰ってきた。
 この苦い経験によって、翌年からは近所の花屋さんに頼んでおいて鉢植えの朝顔を買うようになり、朝顔市に出かけることはなくなった。

 ところが、その花屋さんが閉店してしまった。今年は、どうやって朝顔の鉢植えを入手するか。
 思案にくれた末に、久しぶりに入谷の朝顔市に出かけてみることにした。ただし、買い損ねることのないよう、こんどは1日目に行く。

 しばらくぶりの朝顔市で感心したのは、どの露店でも朝顔の宅配システムが完備していることだ。夕方6時ころまでに申し込めば、その日のうちに配達してくれる。
 配達料は一個につき600円で、宅配を申し込んだ後は、手ぶらで散策を楽しんでいる人も多い。

 僕は3鉢買ったが、宅配にはしなかった。朝顔市の醍醐味は、買ったばかりのお気に入りの鉢を持って、汗だくになりながら家まで持って帰ることにある、と僕は確信している。
 鬼子母神のお守り札と、3つの鉢を抱えて、地下鉄2路線とJRを乗り継ぐ。
 「入谷朝顔市」の札のついた鉢に、ほかの乗客たちの視線が集まるのは、悪い気がしない。
 「今日から朝顔市なんだね」という乗客の会話が聞こえると、僕はうれしさを押し殺すのに苦労するほどだ。

 朝顔市を楽しむための3つの鉄則。
 1、初日がベスト、3日目は避ける。
 2、まず鬼子母神に参拝すること。
 3、買った朝顔は宅配便にせず、苦労しながら持って帰る。

追記:2005年7月の朝顔市については、このブログのこちらにレポートしている。

(追伸:「21世紀の歩き方大研究」の新世紀つれづれ草に、「米の空爆で12人死亡、情報提供したイラク暫定政府への疑問」をアップロード)
  
   
朝刊1面最初の3文字 朝日‥「細田官」 毎日‥「政府は」 読売‥「北朝鮮」 日経‥「昭和シ」 

本日の地球 アテネの五輪スタジアムで火事。溶接の火花がプラスチック製の座席に引火したらしいが、本番でのテロ対策は大丈夫か、気になる。

21世紀の残り日数 35242日

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2004/07/05

1029万円の腕時計を買える層

 AERAが「ブログライフの時代が来た」という特集を組んでいるので、買ってみた。
 書いている記者が、ブログの仕組みをめずらしがり、その急成長に目を見張っている様子は伝わってくるが、記事全体が掘り下げに乏しく、あまり参考になる情報はない。

 それよりも、このAERAで驚いたのは、なんと32ページにも渡る腕時計の広告特集が入っていることだ。
 掲載されている腕時計は、だいたいが100万円台から200万円台で、それだけでも僕には気が遠くなりそうだが、こんなものは序の口なのだ。
 300万円、400万円、600万円と上には上があり、871万円、さらに1029万円という値段を見るに至って、僕はクラクラしてきた。桁が間違っていないか。カンマの位置がずれているのではないか。

 AERAだって商業ジャーナリズムである以上、高額商品の広告が掲載されること自体は、おかしくない。
 しかし、である。2ページとか4ページの広告特集なら、まだ笑ってすまされるが、超高級腕時計ばかりを写真付きで、32ページにも渡って延々と見せ付けられると、いいかげんにしてくれ、と言いたくなる。

 かつて朝日新聞社には、朝日ジャーナルという優れた週刊誌があった。
 全共闘運動や市民運動が華やかなりし頃、「朝日ですが」と言って活動家たちに取材に行くと、「新聞かジャーナルか」と尋ねられ、新聞なら取材拒否、ジャーナルなら取材OKだった、という伝説が残っている。

 朝日ジャーナルは、貧乏でも志に燃える市民たちにとって、最も信頼出来るジャーナリズムであり、時には羅針盤の役目も果たしていた。
 AERAが創刊された時点で、朝日はジャーナリズムの機軸を、大きく転換させたといえる。ほどなく訪れた朝日ジャーナルの廃刊は、当然の成り行きであった。

 今回のAERAの広告特集は、超高級腕時計をやすやすと購入出来る裕福層が、日本に確実に広がっていることを示している。
 一方で、1万円か2万円の腕時計を買うために、さまざまなショーウィンドウを見比べて回り、ほかの出費を節約してようやく購入することが出来る非裕福層もまた、じわじわと拡大しつつある。

 その国の国民の間に、どの程度の格差が出来ているかを示す「ジニ指数」という指標がある。通常は0.2から.0.3ぐらいが適正とされている。
 先月、厚生労働省が明らかにしたところによると、最新のジニ指数は0・4983と調査を始めてから最も高い数字になり、日本社会が裕福な層と、そうでない層とに、大きく2極分化している実体が鮮明になった。

 AERAはその購読層を、形成されつつある裕福層に置きつつあるのだな、ということが分かる。AERAだけでなく朝日新聞全体が、ターゲットを裕福層に置きつつあるような感じがしてならない。
 
 社会の広大な裾野を形成する普通の市民層に軸足を置かずして、何のジャーナリズムぞ、と思う。

 
朝刊1面最初の3文字 朝日‥「付属病」 毎日‥「第20」 読売‥「読売新」 日経‥「日本経」 

本日の地球 ロシア共産党が分裂。共産党であるからには、再度の社会主義革命をめざすのは当然だが‥‥。21世紀のレーニンは現れるか。

21世紀の残り日数 35243日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/04

ブログは消耗品か耐久財産か

ブログを開設して、今日で10日目となる。昨日までは、ケータイで撮った写真を連日掲載して、かなり長い文章を掲載してみたが、ここらで一回、ブログについて僕なりに中間総括してみたい。

Webの日記とも掲示板とも異なり、むしろパソコン通信に近いものがある、ともいわれるブログだが、10日間書いてみて、最も大きなとまどいは、ブログの記事は開設している本人(管理人)にとって、消耗品なのか耐久財産なのか、という点だ。

僕が作っているWebサイトには、日記風エッセイのコラムがすでにあり、これまで770本にのぼるバックナンバーを自分で見出しをつけて一覧にしてあり、自分ではWebサイトの中の耐久財産だと思っている。
一方、このたび始めてみたブログは、Webとは比べ物にならないほど操作性が良く、写真の掲載も記事の更新もサクサクと簡単に出来る。
その利便さの反面で、ブログに書いた記事は自分にとっての耐久財産になりうるのか、という危うさも最近は感じるようになった。

あたらしい記事が追加されるにつれ、古い記事ほどしだいにバックナンバーの奥におしやられていくのは、Webでも同じことかも知れないが、古くなったブログは誰かが読んでくれるものなのだろうか。
もしかして、ブログ記事の鮮度はわずか2、3日の命であり、その意味では生魚並みの生鮮食品といってよく、自分もしくは読んでくれる人たちが見た後はそれでおしまいの、いってみれば消耗品なのではないか。

この耐久財産か消耗品か、という疑問に関連して、自分のブログは誰のものなのか、ということもはっきりさせておく必要があると思う。
ブログ周りのデザインやレイアウトは、ブログの場を提供している会社(僕の場合なら、ニフティ)のものなのか、それともデザインを自分なりに工夫して変更を加えていれば、自分のものと言えるのか。
もっと重要なのは、その中身すなわち記事や写真、それに関連するコメントは、自分のものといっていいのか、ということだ。

自分のブログが自分のもの、であるならば、過去の記事や写真などバックナンバーのバックアップについて、サービス会社おまかせでいいのか、という問題が出てくる。

Webに設置しているレンタルの掲示板では、突然の閉鎖やホストコンピューターのダウンなどによって、掲示板データが一瞬のうちに消滅してしまう事態はめずらしくない。僕も、レンタル掲示板のデータ消失は2回経験しており、うち1回はバックアップをしていなかったため、永遠にデータは消えてしまった。

ブログはまだ歴史が新しく、書き込んだデータが消失したという事件は聞いていない。しかしこれは、いずれ起こり得ることのような気がする。
ブログの記事が消耗品ならば、古いデータが吹き飛んでも、それほど騒ぐほどのことはないのかも知れない。

ただ、僕はやはり、自分で書いた記事や写真、それに対するコメントなどは、消耗品ではなく、耐久財産として大切に保管していきたいという気がする。
レンタル掲示板でもそうだが、自分のブログでありながら、最もかんじんのコンテンツが、手元のパソコンの中に一切何も残っていない、というのがとても気になるのだ。
  
   
朝刊1面最初の3文字 朝日‥「朝日新」 毎日‥「昨年8」 読売‥「政府は」 日経‥「日本経」 

本日の地球 中国・故宮博物館の近くに、チタンとガラス製の巨大ドーム出現で景観論争。これも改革開放政策が着実に進んでいる証か。

21世紀の残り日数 35244日

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2004/07/03

「紅の豚」がトンカツになっちゃった!

2004-0702-12571.jpg豚もおだてりゃ木に登るというが、口に絵筆をくわえてカンバスに抽象絵画のようなものを描いている豚の写真が、昨日の夕刊に載っていた。
モスクワの芸術家グループが企画した「アニマル・アート」なのだそうだが、豚もおだてりゃ前衛アーチストというところか。

その豚の話だが、28日のこのブログで、「さくらんぼの実る頃」の歌に関連して、この歌が歌われている宮崎駿監督の映画「紅の豚」について触れた。
このタイトルは「べにのぶた」と誤って読まれることが少なくないが、「くれないのぶた」が正しい。
「紅の豚」とは、第1次大戦と第2次大戦の間の不安の時代、かつてイタリア空軍の英雄だった一人の男が、再び軍に戻ることを拒否して、自分で自分に魔法をかけて豚になってしまった。豚の姿になった男は、「ポルコ・ロッソ」すなわち紅の豚と呼ばれていて‥‥というところから物語が始まる。

見逃されがちだが、ポルコが自ら豚になることを決意したのは、軍に戻ることへの拒否からだったことは、この映画を考える上でとても重要なことだと僕は思う。

さるトンカツのチェーン店の店頭に、「紅豚」というブランドが登場した。鹿児島の黒豚は、ブランドとして定着しているが、紅豚は初めて聞いた。これは「べにぶた」と読み仮名が振ってある。
「豚肉のイメージが変わるこのおいしさ」とあり、沖縄の生産者が紅芋や乳酸菌などを配合した独自の飼料によって生み出した豚で、最近ようやく市場に流通させることが出来たらしい。

紅豚のロースカツ、1枚800円。
新たな戦火が迫る時代に迎合することなく、孤独とダンディズムに生きて僕たちを酔わせてくれたあのポルコ・ロッソが、トンカツになっちまったなんて、なんだか悲しい‥‥。
 
  
朝刊1面最初の3文字 朝日‥「原子力」 毎日‥「ゆっく」 読売‥「様々な」 日経‥「日産自」 

本日の地球 アメリカ政府が、アルカイダのメンバー拘束などにつながった情報提供者に支払った懸賞金は、60億円に。あらゆる物事はカネ(と軍事力)で解決できると信じて疑わない国。

21世紀の残り日数 35245日

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/07/02

献血と占いの意外な関係

2004-0702-1249.jpg梅雨明けではないかと思うような強い日差しの下、新宿通りでは献血ルームの担当者が、懸命に献血を呼びかけている。
本日中に必要とする血液は、A型560人分、AB型550人分と、大ピンチの状態であることを訴えている。
「冷たいお飲み物と、ハンバーガーなどもご用意してあります」と、呼びかけの言葉が続く。献血者に軽食をサービスするのは、めずらしいことではない。
が、次の呼びかけに、僕は耳を疑った。「本日、手相占いを行っております。どなたもお気軽にどうぞ」。そこには看板も出ていて、第1金曜日にはこの献血センターに占い師が来て、献血しに来た人は無料で手相占いをしてもらえるのだ。

このセンターから50メートルも離れていない場所では、かの有名な「新宿の母」の占い場所があり、鑑定料5000円(高校生は4000円)と決して安くはないのに、いつも順番を待つ女性たちが長蛇の列をなしている。

無料であまり待たなくてもいい占いをサービスすることによって、一人でも多くの献血者を確保したい、という涙ぐましい企画といっていい。呼びかけている人に尋ねてみたら、この占い師は、ボランティアで来てくれているのだそうだ。

科学的な行為としての献血と、科学を超えた占いとは、一見したところ相反するような気もするが、よくよく考えてみるとなんとなく分かるような感じもする。

自分の血を見ず知らずの他人に献ずるというのは、科学では割り切れない魔術的なセレモニーのにおいがする。いわば精神世界が身体的なものを削ることで、異界と契約を交わすような感じなのだ。
だから、そのステップを乗り越えることが出来ない僕は、いまだかって献血が怖くてやったことがない。

占いも、自分の心に流れる「血」を異界に献じることによって、知ってはならない異界からの情報を、ヒントだけでもそっと耳打ちしてもらうセレモニーなのだ。
僕は占いを信じる方ではないが、献血して占ってもらうと、たぶん良い鑑定が出るような気がする。

(追伸:「21世紀の歩き方大研究」の新世紀つれづれ草に、「がんばれサダム・フセイン、真の犯罪者ブッシュに屈するな」をアップロード)
 
  
朝刊1面最初の3文字 朝日‥「川口外」 毎日‥「川口順」 読売‥「川口外」 日経‥「厚生労」 

本日の地球 曽我ひとみさん家族がインドネシアで再会へ。「これが新たな別離となることのないように」と蓮池薫さん。水入らずの場に大挙して押しかけるメディアの取材合戦が心配。

21世紀の残り日数 35246日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/01

25歳未満禁止? 価格0円の週刊誌創刊

2004-0701-1303.jpg価格0円をうたう情報週刊誌「R25」が今日創刊され、地下通路の電飾広告を改造した「専用本棚」や、コンビニのレジ付近など、いたるところに置かれている。
R25という名前は、R18をもじったもので、きつく言えば25歳未満禁止ということになるが、20代後半から30代、40代の男性を対象とした情報誌ということを、さりげなくアピールしているらしい。
「オトコを刺激する情報マガジン」という文字が目立たないせいもあって、女性たちがどんどん棚から持っていく。
僕も一部をもらってくる。極力お金をかけないで制作しているせいか、表紙はダサくてアカヌケしないが、内容は結構ていねいに作られていて、創刊号としてはまずまずの仕上がりだ。

ITの項目では、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を取り上げている。僕も先日、SNSに入ったところなので、興味をそそられる。
SNSは「閉ざされた仮想空間」がウリとあり、「昔のパソコン通信のような、こじんまりとしたコミュニティ感が心地よい」という利用者の話が載っている。

巻末の連載コラム1回目は、「世界の中心で愛を叫んでいる場合ではない」というタイトルからして、イラク情勢などを論評した硬派のコラムかと思った。
ところが読んでみるとなんのことはない、純愛ばやりは少子化を加速させるだけなので、男も女もきちんとやるべきことをやりなさい、という論旨だった。
これって、少子化対策の一環? だからR25なのか、なんて勘ぐったりして‥。

この情報誌は毎週0円でばらまいて、採算が取れるのだろうか。広告収入だけでペイするとすれば、そのスポンサーの商品価格には、必ず制作費が上乗せされていくはずだ。
タダほど高いものはない、のである。


朝刊1面最初の3文字 朝日‥「自衛隊」 毎日‥「日本郵」 読売‥「政府が」 日経‥「政府は」 

本日の地球 ロンドンの地下鉄が24時間スト。日本でも国鉄ストで、首都圏の電車が10日間も動かなかったことがあった。遠い昔のことである。

21世紀の残り日数 35247日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »