« 受動喫煙の加害スモーカーは死刑にせよ | トップページ | 保冷剤としてもらったドライアイスで遊ぶ »

2004/07/14

この世界で起きていることは、夢のまた夢

露とおち 露と消えにし わが身かな 難波のことも 夢のまた夢

僕は昔から、このあまりにも有名な秀吉の辞世の歌に、強く惹かれるものを感じてきた。

秀吉ほどの成功を収めた者が、最後に到達した「夢のまた夢」の境地こそ、この世の本質であり、彼は最期の瞬間に、この真理をさとったのだろう。

これに関連して思い出すのは、2年前に新聞に載ったエルサレムのある医師の話である。
その医師がある時、窓の下の通りを見ながら、知り合いの日本の大学教授に言った。
「ご覧なさい。大勢の人が歩いているが、これは夢だ」
医師によれば、いまこの国にいることも、自分が医者であることも、すべて夢なのだそうだ。

夢というのは、かりそめの姿、とどめおくことの出来ないもの、ほどなく消えてしまうもの、拘泥しても無意味なもの、などいろいろに解釈できる。

この世のもろもろの出来事も、うつろう一瞬の幻影であり、いずれすべてが無に帰していく。このことは、文明の寿命の短さからも裏打ちされる。
まして個々人の命の短さ、一生のはかなさたるや、いかなる財力と権力を手に入れたとしても「夢のまた夢」を乗り越えることは出来ない。

日本の男性最長寿の109歳が亡くなったと、ニュースにある。最も長く生きて109歳とは、なんと人生とは限定的なのかと思う。

夢のまた夢ですら、その夢の中にいる期間は、たかだか70年か80年なのだ。
夢の中にいるうちが花。夢が終われば、永遠に続く無。それこそが夢でない本来の現なのかも知れない。

(追伸:「21世紀の歩き方大研究」の新世紀つれづれ草に、『時間の岸辺から』第58回 「1.29ショック」をアップロード。これは欧州の邦人向け日本語新聞「英国ニュースダイジェスト」に同時掲載)
   
   
朝刊1面最初の3文字 朝日‥「参院選」 毎日‥「政府は」 読売‥「政府は」 日経‥「UFJ」 

本日の地球 人質の人命優先か、米国の要求優先か、板ばさみで苦しむフィリピンのアロヨ政権。日本では人質とその家族への大バッシングで、自衛隊撤退を求める声は消された。日比のあまりの違い。

21世紀の残り日数 35234日

|

« 受動喫煙の加害スモーカーは死刑にせよ | トップページ | 保冷剤としてもらったドライアイスで遊ぶ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/964412

この記事へのトラックバック一覧です: この世界で起きていることは、夢のまた夢:

« 受動喫煙の加害スモーカーは死刑にせよ | トップページ | 保冷剤としてもらったドライアイスで遊ぶ »