« ボリショイの「失敗」は、完璧な演出だった | トップページ | 2億円は当たらずとも、レジでの777円にラッキー »

2004/07/26

5月末に死んだ猫あてに、手紙がきた

 今日配達された郵便物の中に、「○○万太郎様」という手紙があった。
 万太郎というのは、我が家で14年間家族として暮らし、5月31日に他界した猫である。

 2004-0726.jpg差出人は、大リーグで活躍する松井秀喜のホームランカード事務局だった。

 もう10年以上昔のこと、甲子園の夏の高校野球全国大会で、松井秀喜が全打席敬遠されるという、前代未聞の試合があった。
 この敬遠は大ブーイングを呼び起したが、一振りもすることを許されなかった松井は、意外にサバサバしていて、それ以来、僕はすっかり松井のファンになった。

 松井は巨人に入り、松井秀喜ホームランカードがスタートした。僕は巨人嫌いではあるが、松井だけは別だ。

 松井ホームランカードは1人1枚限りとなっているため、僕は家族の名前全員で申し込むことにした。
 こうして猫の万太郎も、松井ホームランカードの登録会員になった。

 松井が大リーグに移籍しても、ホームランカードは日本での本数を引き継いで継続発行されることになった。
 今日届いたのは、大リーグ2年目の4月~6月分のホームランカードの申し込み書だ。

 万太郎の名前が印刷された郵便物を手にすると、まだどこかに生きているような気がする。

 ここ数日、だれもいないキッチンのナベが、ひとりでに床に落ちて転がるという不思議が、2度も起きた。
 ナベが落ちたのはいずれも、万太郎の食事のための皿を置いていた場所だ。

 万太郎は、まだこのあたりにいるに違いない。 
 
         
朝刊1面最初の3文字 朝日‥「社会保」 毎日‥「旧日本」 読売‥「日本歯」 日経‥「日本経」 

本日の地球 中国で赤ちゃん118人を売買していた医療従事者ら6人に死刑。ほとんどが女の赤ちゃんだったという。売買の中身も刑罰もスケールが違う。

21世紀の残り日数 35222日

|

« ボリショイの「失敗」は、完璧な演出だった | トップページ | 2億円は当たらずとも、レジでの777円にラッキー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/1055205

この記事へのトラックバック一覧です: 5月末に死んだ猫あてに、手紙がきた:

« ボリショイの「失敗」は、完璧な演出だった | トップページ | 2億円は当たらずとも、レジでの777円にラッキー »