« ムンクの「叫び」、客の前での白昼の強奪に仰天 | トップページ | ブログ開設2カ月、ライフスタイルも変わってきた »

2004/08/24

20年以上の高血圧が自然に治って、降圧剤から解放

僕はもう20年以上も前から血圧が高いといわれて、降圧剤をのみつづけてきた。
一時期は上が160になり、その時は会社で勤務していて具合が悪くなって、診療所にかけこんだこともあった。

それが、去年秋ころからしだいに血圧が下がってきた。

医師の指示で、降圧剤の量を半分に減らして様子をみたが、それでも血圧は上がることなく、5月からは降圧剤の投与をやめてみることにした。

降圧剤の投与をやめると急に血圧が上昇するケースがあるので、医師も慎重で、心電図などをとったりしたが異常はないということで踏み切った。

それから4カ月近くの間、降圧剤から遠ざかっているが、昨日計ってもらった血圧は78-110と完全に正常値だった。

とくに血圧を下げる治療をしたわけでもないのに、自然に血圧が下がって、長年おせわになった降圧剤から解放されるというケースは、珍しいらしい。

かかりつけの医師は、「こうしたケースは私のところでは初めて。何が良かったのか、心当たりがありますか」とびっくりして、逆に尋ねられるありさまだ。

先日受けた人間ドックでも、高血圧が自然に治ったことが医師から注目され、「日ごろから健康に気をつけた生活をしてきたことが、効果を上げているのでしょう」といわれた。

血圧には精神的なものも大きく影響するようだ。このところ極端なストレスや心配事がなく、自由きままに好きなことを自然体でのんびりとやっていることも、体にはいいのかも知れない。

(追伸:「21世紀の歩き方大研究」の新世紀つれづれ草に、『時間の岸辺から』第61回「鳴らない風鈴」をアップロード。これは欧州の邦人向け日本語新聞「英国ニュースダイジェスト」に同時掲載)


21世紀の残り日数 35193日

|

« ムンクの「叫び」、客の前での白昼の強奪に仰天 | トップページ | ブログ開設2カ月、ライフスタイルも変わってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/1269078

この記事へのトラックバック一覧です: 20年以上の高血圧が自然に治って、降圧剤から解放:

« ムンクの「叫び」、客の前での白昼の強奪に仰天 | トップページ | ブログ開設2カ月、ライフスタイルも変わってきた »