« このところ、テレビ離れが止まらない | トップページ | さようならフランソワーズ・サガン »

2004/09/24

さよなら猛暑の夏、ビルの外に出れば秋の雨

ビルの中にいるうちは、外の天気というものは全く分からないものだ。

とくに、さまざまな機能が備わった大きなビルは、外の天候の影響を全く受けることなく、すべての物事が進んでいく。

外に出て初めて、雨が降っていることに気付いた。

天気予報では今日の降水確率は20%だったので、降らないような気になっていた。どうも天気予報は継続する天候には強いが、変化する天候には弱いような気がする。

シトシト降る夜の雨は、夏の間の雨とは明らかに異なる秋の雨だ。

昨日は秋のお彼岸だったので、もう昼の長さより夜の長さの方が、わずかではあるが長くなっている。

これからは、どんどん夜の長さが増していって、冬至をはさんで半年間は、夜の長さの方が長くなる。

つい先日までの猛暑を思うと、このことは意外な気もするが、暦はまごうことなく秋そのものだ。

気温も、いつまでも猛暑の残影を引きずっているわけにはいかない。

さよなら、猛暑の夏。今年の秋は短いだろうか、それともかなり長い秋になるのだろうか。

2004年も、あと3カ月と6日になった。

|

« このところ、テレビ離れが止まらない | トップページ | さようならフランソワーズ・サガン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/1513823

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら猛暑の夏、ビルの外に出れば秋の雨:

« このところ、テレビ離れが止まらない | トップページ | さようならフランソワーズ・サガン »