« さようならフランソワーズ・サガン | トップページ | 「走れメロス」のラストをどう解釈するか »

2004/09/26

妻が最もストレスを感じるのは「夫」という調査結果

切り抜いた新聞の記事は、5日間もするとすぐにいっぱいになる。そこで、気合を入れてまとめてスクラップブックに貼っていく。

貼りながら、切っておいた記事を読み直すことも多く、いろいろと考えさせられる。

別々な記事を、あらためて比較しながら読むということもある。

晩婚化・非婚化についてまとめた記事で、いまや東京都区部の30代前半の未婚率は、男が55.8%、女が40.6%とあり、この数字の高さにあらためて目を見張った。

別な記事で、小学館などの調査によれば、妻が最もストレスを感じる人間関係の1位は、なんと「夫」という結果だった、とある。

未婚率の高さと、妻が夫に感じるストレス度の高さは、相関関係があるだろうか。

どうも底流でつながっているものがあるような気がする。少なくとも、このような調査結果になっていることは、未婚化をさらに推し進める結果にはなりそうだ。

ちなみに、この調査によると、妻がストレスを感じる人間関係の2位以下は、「子供」「自分自身」「義理の親」「実の両親」「上司」「同僚」と続く。

ストレスの少ない方のトップは「姉妹」で、それについで「友人」となっている。

友人とは、ストレスの少ない人間関係である、と定義することも出来そうだ。

|

« さようならフランソワーズ・サガン | トップページ | 「走れメロス」のラストをどう解釈するか »

コメント

家にいる人なのかなというかんじがする。

投稿: 秋葉OL | 2004/09/27 13:14

家にいる人かも知れませんね。仕事を持っている場合はどうなのでしょうか。自分自身へのストレスは少ない代わりに、夫が仕事に無理解だったり家事を分担してくれなければ、夫が最大のストレス源になりそうですが‥‥。

投稿: BANYUU | 2004/09/27 14:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/1527331

この記事へのトラックバック一覧です: 妻が最もストレスを感じるのは「夫」という調査結果:

« さようならフランソワーズ・サガン | トップページ | 「走れメロス」のラストをどう解釈するか »