« 両生類の3分の1が絶滅危機、半鐘の連打が聞こえる | トップページ | 「表」のつれづれ草が、7年7カ月かかって通算800本に »

2004/10/16

カサブランカという名のユリを飾って、君の瞳に乾杯!

04-10-16_18-02.jpg今日は花を買ってきて、部屋に生けた。リンドウとユリ。

このユリの花は、カサブランカという品種で、香りがよく長持ちすると店員さんが言っていた。

映画「カサブランカ」は、第2次世界大戦下、ドイツに占領されたモロッコのカサブランカが舞台だ。

反ナチ運動の拠点となっている酒場を経営するリック(ハンフリー・ボガード)の前に、パリ時代の恋人イルザ(イングリッド・バーグマン)が、夫である反ナチの闘志ラズロとともに現れる。

リックとイルザは再び恋の思い出にふけり、二人でアメリカへの脱出を図る計画を立て、飛行機の切符2枚をやっとのことで入手する。

このラストが、最高に素晴らしい。

イルザはリックとともに飛行機に乗るものだとばかり信じているのに、リックは自分は飛行機に乗らず、イルザとその夫のラズロを飛行機に乗せる。

リックと一緒でないと知ったイルザは、リックを問い詰める。

映画史に残るリックの言葉は、泣かせる。

イルザ、このクレージーな時代には、3人のちっぽけな問題なんか、一つまみの豆ほどの値打ちもない。
いつか分かってもらえるだろう。
さあ、泣くなよ。君の瞳に乾杯だ。

|

« 両生類の3分の1が絶滅危機、半鐘の連打が聞こえる | トップページ | 「表」のつれづれ草が、7年7カ月かかって通算800本に »

コメント

BANYUUさん、こんにちは。
カサブランカ、私も大好きなのです。
昔お付き合いのあった人に、カサブランカと赤いバラの花束をいただいたことがあって、その時初めてカサブランカというユリがあることを知ったのですが、ゴージャスだけど上品ですよね。
ちょっと昔のことを思い出してしまいました。
また誰かくれないかなぁ~(笑)。

投稿: tomo | 2004/10/17 20:10

tomoさん、こんばんは。僕はこのユリを買った後で、カサブランカという名前を知りました。花もしっかりして立派ですが、素敵な名前です。誰が付けたんでしょうね。

投稿: BANYUU | 2004/10/17 20:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/1695239

この記事へのトラックバック一覧です: カサブランカという名のユリを飾って、君の瞳に乾杯!:

« 両生類の3分の1が絶滅危機、半鐘の連打が聞こえる | トップページ | 「表」のつれづれ草が、7年7カ月かかって通算800本に »