« 「カルミナ・ブラーナ」の運命の女神フォルトゥナ | トップページ | 大型トカゲ台風23号の襲来が、ゴジラ襲来と重なる »

2004/10/19

いくたびも[ ]の深さを尋ねけり‥‥どんな言葉を入れる?

いくたびも[ ]の深さを尋ねけり

何かで読んだ話だが、女子高の授業で、この[ ]のところに、どんな言葉をいれたら良い句になるか、生徒たちに自由に書かせてみた。

その結果、最も多かったのは、次の句だったという。

いくたびも愛の深さを尋ねけり
ケータイやメールで、「私のこと、どのくらい好き?」と何度も尋ねている様子が目にうかぶ。

ここにどんな言葉を入れても、それなりの句が出来るから面白い。

いくたびも秋の深さを尋ねけり

いくたびも空の深さを尋ねけり

いくたびも夜の深さを尋ねけり

いくたびも闇の深さを尋ねけり 

いくたびも霧の深さを尋ねけり 寺山修二の、身捨つるほどの祖国はありや、の雰囲気。

このあたりまではいいが、いくたびも眠りの深さを尋ねけり、となると、だれがだれに尋ねているのか、アヤシクなる。
「シメシメ、熟睡しているようだな」「音を立てるなよ」と、ドロボウたちの忍びの図か。

いくたびも欲の深さを尋ねけり 日本中いたるところ、政治家も役人も企業人たちも。強欲列島の図。

この句は正岡子規の
いくたびも雪の深さを尋ねけり、が元の句だ。

外はしんしんと雪が降っている様子だが、病気で寝ている子規には、それを見ることが出来ない。
看病に来た妹に、なんどもなんども、どのくらい積もったかを尋ねている。

動けない子規にとって雪こそは外界の象徴であり、雪が降るという現象の中に、子規は宇宙のとてつもない営みを感じ取ったのではないか、と僕は想像する。
雪は、生きたいという子規の渇望の具象化であろう。

|

« 「カルミナ・ブラーナ」の運命の女神フォルトゥナ | トップページ | 大型トカゲ台風23号の襲来が、ゴジラ襲来と重なる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/1720028

この記事へのトラックバック一覧です: いくたびも[ ]の深さを尋ねけり‥‥どんな言葉を入れる?:

« 「カルミナ・ブラーナ」の運命の女神フォルトゥナ | トップページ | 大型トカゲ台風23号の襲来が、ゴジラ襲来と重なる »