« 週刊ココログガイドで紹介、アクセスも1万突破! | トップページ | 1月2日の年賀状配達、なぜ32年間もやめていたのか »

2004/10/05

ヒチコックの「サイコ」、ジャネット・リーさん死去

ヒチコックの映画「サイコ」で、最もショッキングなシーンは、ラストもさることながら、ベイツ・モテルでの、あのシャワーのシーンだ。

日本で公開されたのは、60年安保の年だった。有楽町の映画館では「結末はお話にならないで下さい」というチラシが観客に渡され、上映の途中からの入場を禁止して入り口を封鎖するという、ものものしい措置が話題を呼んだ。

会社の金を着服して逃げる途中のマリオン(ジャネット・リー)が、ノーマン・ベイツ(アンソニー・パーキンス)が経営するモテルでシャワー中に、包丁でメッタ刺しにされて死ぬ。

映画史に残るこの惨劇は、45秒間であるが観客には非常に長く感じられる。これだけの撮影に7日間もかかっていて、ヒチコックは短いカットをすさまじいテンポでつなげて、観客を恐怖の頂点に追い詰める。

シャワーシーンなので、マリオンは全裸なのだが、乳房の露出もないのに、この惨殺シーンは非常にエロチックである。

このシーンの影響で、出張先のホテルでシャワーを浴びるのが怖い、という人たちは世界中に無数にいる。僕もその一人で、そもそもシャワーの口の形を見ただけでも怖い。

今から7年ほど前に、当時70歳だったジャネット・リーさんが、あのシーンのおかげで自分もシャワー恐怖症になり、撮影以来37年間というもの、一度もシャワーを使ったことがない、と打ち明けていた。(1997年10月27日付け日刊スポーツ)

そのジャネット・リーさんが、3日、カリフォルニアの自宅で亡くなった。

結局、あの撮影以来、リーさんは死ぬまでシャワーを使うことはなかったのではないか、と僕は思う。

「サイコ」の惨劇を背負った人生に幕を閉じて、リーさんは天国でゆっくりとシャワーをあびることが出来るだろうか。

ご冥福をお祈りします。

|

« 週刊ココログガイドで紹介、アクセスも1万突破! | トップページ | 1月2日の年賀状配達、なぜ32年間もやめていたのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/1600863

この記事へのトラックバック一覧です: ヒチコックの「サイコ」、ジャネット・リーさん死去:

« 週刊ココログガイドで紹介、アクセスも1万突破! | トップページ | 1月2日の年賀状配達、なぜ32年間もやめていたのか »