« ヒチコックの「サイコ」、ジャネット・リーさん死去 | トップページ | イラクに大量破壊兵器なし、と米調査団最終報告 »

2004/10/06

1月2日の年賀状配達、なぜ32年間もやめていたのか

 郵便局がいつの間にか1月2日の年賀状配達をやらなくなって久しい。2日は配達をしないことになりました、という国民への説明もなかったような気がする。

 2日の配達がないと、年賀状の流れは非常にギクシャクしてくる。郵便局は毎年、年賀状はお早めにと呼びかけていて、12月20日ころまでに投函すれば、元日配達が出来るとしている。

 ところが、師走のあわただしい中、だれもが年賀状を書くのがついつい年の瀬ギリギリになり、仕事納めが終わってから、あるいは大晦日の直前に書く、という人は非常に多い。

 そうすると、これらの年賀状は元日配達に間に合わなくなり、次に配達されるのは3日になってしまうのだ。

 こちらが出してない人から賀状が来た場合、かりに2日に配達されれば、すぐに一筆添えて相手に投函して、三が日のうちに相手に届けられる公算は大きい。

 しかし、2日の配達がなくて3日に届いた場合は、すぐに投函しても相手に届くのは、仕事始めの4日以降になってしまう。

 この違いは、単なる1日早いか遅いかではすまされない、決定的なものがある。

 日本郵政公社は、来年から1月2日の年賀状配達を再開する方向で、労働組合などとと調整を進めている、という。

 郵政民営化に向けてサービス向上を印象付けたい狙いのようだが、実現すれば1973年以来、32年ぶりというから驚きだ。

 僕はかつて、郵便局からのアンケートに、1月2日の年賀状配達を実現してほしいと書いたことがある。そしたら、「長年に渡る経緯があり、郵便局がお答え出来る問題ではありません」という回答がきた。

 デパートやスーパーの1月2日営業あるいは元日営業があたりまえになっている中、郵政公社も組合も、既得権の上にあぐらをかいているわけにいかなくなった、ということなのだろう。

 

|

« ヒチコックの「サイコ」、ジャネット・リーさん死去 | トップページ | イラクに大量破壊兵器なし、と米調査団最終報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/1610346

この記事へのトラックバック一覧です: 1月2日の年賀状配達、なぜ32年間もやめていたのか:

« ヒチコックの「サイコ」、ジャネット・リーさん死去 | トップページ | イラクに大量破壊兵器なし、と米調査団最終報告 »