« 1月2日の年賀状配達、なぜ32年間もやめていたのか | トップページ | 佐渡でソメイヨシノが開花し秋田は新緑、生態系がおかしい »

2004/10/07

イラクに大量破壊兵器なし、と米調査団最終報告

予想されていたことではあるが、今日の夕刊各社の1面トップを見て、唖然、呆然、愕然。いったいこの世界はどうなっているのだ、という気がする。

大量破壊兵器 「イラク、備蓄なし」 開戦の根拠否定 米調査団最終報告(朝日)

大量破壊兵器 イラク開発計画なし 米調査団が最終報告(読売)

大量破壊兵器  再生産計画なし 米調査団最終報告 ブッシュ政権非難強まる(毎日)

旧イラク政権 「核計画、証拠なし」 大量破壊兵器否定 米調査団最終報告が最終報告(日経)

イラク戦争を始めた米英の責任はいったいどうなるのだ。

戦争で殺され、傷ついた幾万人のイラクの人々への謝罪と償いは、どのように行われるのか。

根拠のない開戦を支持した国々の指導者たちの、国際的責任はどうなるのだ。

とりわけ、率先してイラク戦争支持を打ち出し、自衛隊を強引にイラクに派兵し続けている日本政府の責任は重大だ。

「フセイン大統領が見つからないからといって、フセイン大統領が存在しなかったとはいえない」という、詭弁によって、大量破壊兵器が見つからないことを言い逃れし続けてきたコイズミさんは、どう国民に説明し、責任を取るのか。

各国が続々と、イラクから撤兵している中で、日本政府はそれでもイラク戦争は正しかったと言い張って、自衛隊派兵を続けるつものなのか。

ことは極めて重大であり、この点をあいまいにしたままでは、もはや21世紀に希望も未来もないといっていい。

ブッシュは大統領候補を辞退し、ブレア内閣と小泉内閣は総辞職して国際社会に陳謝すべきは当然だ。

これら3国の指導層は、僕が前からつねづね言っているように、国際軍事法廷でA級戦犯として最も重い刑に処すべきである。

|

« 1月2日の年賀状配達、なぜ32年間もやめていたのか | トップページ | 佐渡でソメイヨシノが開花し秋田は新緑、生態系がおかしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/1620750

この記事へのトラックバック一覧です: イラクに大量破壊兵器なし、と米調査団最終報告:

« 1月2日の年賀状配達、なぜ32年間もやめていたのか | トップページ | 佐渡でソメイヨシノが開花し秋田は新緑、生態系がおかしい »