« 旅人としての時間の中で、いろいろあった2004年 | トップページ | 心に残った記事から、陸の悲しさ、苦とは、待つこと‥ »

2004/11/01

銀行で交換した新札を手に思う、裕福と貧困

04-11-01_16-571.jpg今日から11月だ。朝、家の前の郵便局で、インクジェット用の年賀状を買う。

郵便局で新札交換が出来ると思っていたのだが、新札が「入荷」するのは2、3日後になると聞かされて驚く。

そこで銀行に行って、とりあえずカバンやポケット(僕はどういうわけか財布を持たないのだ)にあるお札を、新札に交換してもらう。

簡単に出来ると思っていたら、これがタイヘン。両替依頼書に金額と名前、電話番号を記入した上、番号札を引いて呼ばれるのを待つ。

依頼書と旧札を窓口に出して、こんどはプラスチックの札をもらい、15分ほど待つ。新札交換くらいで、なんでこんなに待たされるのだろうと思う。

僕が出した旧札が、ニセ札かどうかを鑑定しているのだろうか、と気になってくる。

ようやく、1万円、5000円、1000円の3種類の新札を手にする。当然のことながら、手の切れるような新札だ。

福沢諭吉のデザインは旧札と全く同じだが、野口英世と樋口一葉がいかにも新人っぽくて、好感持てる。

生前の樋口一葉の貧しさは、ハンパではなかったらしい。

借金を申し込んだのに、何の連絡もしてこない知人に憤慨し、一葉はこんなことを書いている。
「我に罪なければ天地恐ろしからず」

本当の大金持ちは、たぶんお札を手にすることなど、あまりないような気がする。金の出入りはすべて口座に振り込まれ、口座から振り込まれて出ていくのだろう。

お札をにぎりしめ、お札のありがたみに涙するのは、裕福ではない庶民なのだ。

1枚の野口英世、1枚の樋口一葉、1枚の福沢諭吉に、明日の生活と命がかかっている人たちも決して少なくないはずだ。

貧乏を恥じる必要はない、ただ不便なだけだ、といわれる。

それにしては、富めるものがますます富み、貧しいものがますます貧しくなっていく、この不条理。

|

« 旅人としての時間の中で、いろいろあった2004年 | トップページ | 心に残った記事から、陸の悲しさ、苦とは、待つこと‥ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/1829965

この記事へのトラックバック一覧です: 銀行で交換した新札を手に思う、裕福と貧困:

» 新札発行 [国家破綻研究ページ]
今日から新札が出回りますね。 あんな「豪華な紙切れ」が、なぜ通貨としてありがたがられるか、ご存知ですか? 模様が違うだけなのに、なぜ福沢諭吉1枚が野口英世1... [続きを読む]

受信: 2004/11/02 01:34

« 旅人としての時間の中で、いろいろあった2004年 | トップページ | 心に残った記事から、陸の悲しさ、苦とは、待つこと‥ »