« 「ピカソ 身体とエロス展」を観て | トップページ | 人類が時間の意識を持ったのは、いつごろからだろう »

2004/11/19

青く輝くイリュミネーションは、宇宙でもあり脳でもあり

04-11-18_12-29.jpg新宿のマイシティに、不思議なイリュミネーションが登場している。

クリスマスないしは歳末商戦に向けてのムードづくりなのだろうが、商業主義が前面に出ることなく、ソフトな感じで一味ちがう飾りつけとなっている。

大きさが異なる白い球体が積み重なっている中に、さりげなくミラーボールが入っていてアクセントになっている。

目を引くのは、その回りに輝く青い小さな球体だ。点滅するわけでなく、ただ青い光を放っているだけなのだが、この落ち着いた感じが、さまざまなイメージを感じさせる。

この白い球体一つ一つが、独立した宇宙だとしたら、並行宇宙論や泡宇宙論のようでもある。青い球体は、無の揺らぎによって生まれたばかりのベビー宇宙なのかも知れない。

老いた宇宙は、ミラーボールのようにほかの宇宙の姿を反射光として投げ返しながら、やがてシャボンダマのように壊れて消えるのではないか、という気もする。

もうちょっと引いて眺めると、これは僕たちの脳のシステムそのものであるようにも見えてくる。

僕たちが自分の意識や感情、心、精神、思考、意思と思っているものの正体は、無数の脳細胞同士の間で絶えず起こっている、このイリュミネーションのような現象なのかもしれない。

それで思い出すのは、宮沢賢治の「春と修羅」序である。

わたくしといふ現象は
假定された有機交流電燈の
ひとつの青い照明です
(あらゆる透明な幽霊の複合体)
風景やみんなといっしょに
せはしくせはしく明滅しながら
いかにもたしかにともりつづける
因果交流電燈の
ひとつの青い照明です

愛も歓びも悲しみも怒りも苦しみも、意欲も希望もインスピレーションも決意も、このような反応と惹起の過程なのだと思うと、この青い輝きがいとおしくなってくる。

|

« 「ピカソ 身体とエロス展」を観て | トップページ | 人類が時間の意識を持ったのは、いつごろからだろう »

コメント

こんばんは

 私は写真を拝見して、なんとなく「フェッセンデンの宇宙」という言葉を思い出しました。昔、内部が光る天球儀などというものがあれば、部屋にぶら下げてみたいとも思っていました。

 多元宇宙。どっかにブッシュがいない宇宙がないかしらん。

投稿: Rough Tone | 2004/11/23 06:01

Rough Toneさん、こんにちは。TBとコメントありがとうございます。こちらからも「What A Mad Universe!」の記事にTBさせていただきました。
「フェッセンデンの宇宙」。まさにそんな感じですね。
科学者フェッセンデンが発明した水槽の中にある細かいチリ。そのチリの一つ一つが星で、そこには多くの生物が生まれて進化し、文明も誕生していた。フェセンデンはこれらの星を、意のままに操ったり消滅させたりして楽しんでいる、というような話でしたね。
僕たちのこの宇宙も、何者かが創り出したイリュミネーションの中の一つの球に過ぎないのかも‥‥。

投稿: BANYUU | 2004/11/23 09:11

トラックバックしましたー

投稿: 秋葉OL | 2004/12/07 09:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/2007350

この記事へのトラックバック一覧です: 青く輝くイリュミネーションは、宇宙でもあり脳でもあり:

» What A Mad Universe! [Passing Strangers]
 フレドリック・ブラウンの「発狂した宇宙」"What Mad Universe! [続きを読む]

受信: 2004/11/23 06:02

» クリスマスの青色電飾とLED [秋葉OLの楽しみ探し]
今年は街のクリスマスツリーに青い電飾が目につく。 京ぽんカメラを持つようになって、 気がつくようになっただけかもしれないが。 テレビでちらりと、「LE... [続きを読む]

受信: 2004/12/07 02:37

« 「ピカソ 身体とエロス展」を観て | トップページ | 人類が時間の意識を持ったのは、いつごろからだろう »