« 一見して無関係に見える事象の、深いつながりに驚く | トップページ | モブログで半角の-を連ねると、その後はカットされる »

2004/11/23

がんばれ、寒風に耐えて咲いた初冬の朝顔!

04-11-23_08-31.jpg今朝、ベランダにおいてある朝顔の鉢に、一輪の朝顔が咲いていた。

茎も蔓も葉も、ほとんど枯れてしまって荒涼としている中、寒風に耐えて必死に咲いている朝顔。

この鉢は7月初め、入谷の朝顔市で買ったものだ。その時からでさえ、もう4カ月半以上経っているのに。

去年までは、朝顔の寿命は長くてもせいぜい10月いっぱいが限度だった。

今年は、11月の立冬を過ぎても、思い出したように朝になると、ポツンと咲いているのが見られたが、二十四節気の小雪を過ぎて、勤労感謝の日になって咲いたのは、これが初めてだ。

葉っぱすら枯れはてている茎に、この朝顔は何のために咲いたのだろうか。種子を残すためだろうか。それとも人間をなごませるためだろうか。

僕は、晩秋を過ぎて初冬に入った中で咲いている朝顔を見ているうちに、確信した。

生きるとはこういうことなんだ!

なぜ咲いたのかの理由など、どうでもいいのだ。朝顔は、咲くことが出来るから、そして咲くことが出来る限り咲く。それでいいのだ。

人間の命も同じことなのだ。僕も、咲くことが出来る限りは、力みかえることなく自然のままで、与えられた生を咲いていきたいと思う。

いずれ、完全に枯れはてて、厳冬の中で消え行くことは避けられないとしても。

|

« 一見して無関係に見える事象の、深いつながりに驚く | トップページ | モブログで半角の-を連ねると、その後はカットされる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/2040363

この記事へのトラックバック一覧です: がんばれ、寒風に耐えて咲いた初冬の朝顔!:

« 一見して無関係に見える事象の、深いつながりに驚く | トップページ | モブログで半角の-を連ねると、その後はカットされる »