« がんばれ、寒風に耐えて咲いた初冬の朝顔! | トップページ | 「地球カレンダー」的に生きること »

2004/11/23

モブログで半角の-を連ねると、その後はカットされる

今月10日に、神戸・メリケン波止場の記事を、ケータイからモブログで投稿した際に、正常に送信終了されたことがケータイ画面に表示され、「投稿しました」のメールもココログから送られてきたのに、送った記事の後ろの部分がカットされるという予想外の事態を経験した。

ケータイから送った記事がそのまま反映されないというのは、考えてみれば非常に怖いことであり、モブログへの信頼が揺らぐほど重大な問題だと思う。

僕の場合は、ココモブという個人が作成したプログラムのおかげで、記事の後ろがカットされていることにすぐ気付いて、削られた部分を追加でモブログすることが出来たが、海外などからのモブログで確認が難しいような場合は、気付かないことすらあるだろう。

とりわけ、前半で書いた流れとは異なる結論を後ろの部分で書いている場合や、後ろに重要なデータや情報を置いている場合など、システムによって勝手にカットされることは非常に危険なことだ。

そこで、なぜカットされたのか原因を探るため、今日改めて、10日に送ったのと同じ原稿を、中身の言葉を少し変えてケータイからモブログで投稿テストをしてみた。

結果はやはり10日とまったく同様に、後ろの部分がバッサリとカットされていた。

カットされたのは、ケータイの文字入力で半角英字のハイフンを19個ならべて、文中の区切り線にしたところから以後の部分すべてである。

ちなみに、その区切り線を掲載しておく。

-----------------------------

念のため、文字をまったく入れないこの区切り線だけを本文として、モブログしてみたら、区切り線だけの本文のままでちゃんとテスト投稿が反映された。

ということは、文章の途中に、この区切り線があることで、ココログのシステムが勝手にそこまでで終了と判断し、区切り線以後をカットしてしまうのだ。

9月に西安からモブログをした時も、文中に区切り線を入れたことが何回かあったが、カットされることはなかった。この時は、半角の-ではなく全角の-を連ねて区切り線を作っていて、全角にすれば問題はないようだ。

ほかにも、文中に入れるとシステムでカットされるような文字列があるのかも知れないが、そこまでは分からない。

モブログで、文中に区切りの意味で文字や記号を連ねる場合は、くれぐれも要注意である。

|

« がんばれ、寒風に耐えて咲いた初冬の朝顔! | トップページ | 「地球カレンダー」的に生きること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/2042631

この記事へのトラックバック一覧です: モブログで半角の-を連ねると、その後はカットされる:

« がんばれ、寒風に耐えて咲いた初冬の朝顔! | トップページ | 「地球カレンダー」的に生きること »