« 無からどのようにして宇宙が生まれたかを考える | トップページ | アラビアのロレンスの永遠の女性 »

2004/11/28

駅の線路わきにススキの群れを見つけた

04-11-28_13-19.jpg僕が利用している駅で、線路と線路の間にたった1カ所だけ、ススキが群れているところがあることに気づいた。

毎日利用していて、なぜいままで目にとまらなかったかと、不思議に思う。

ススキが見えるかどうかは、心の目が開いているかどうかによるのかも知れない。

この駅を通過して走る中央線の快速電車を入れて、ススキをケータイで撮ってみようと、しばしホームでシャッターチャンスをうかがう。

家に帰ってから、ススキについて調べてみる。ススキの生息地は、日本のほかに中国、朝鮮とある。古来から日本文化に大きな影響を及ぼしてきた地域で、いま日本が最も仲良くすべき国々ではないか。

「山は暮れて 野は黄昏(たそがれ)の 芒(すすき)かな」 というのは蕪村の句だ。蕪村らしく、光景が絵画のごとく浮かぶ。

ススキを歌った曲では、失意のさなかの野口雨情が作った詩に、中山晋平が曲をつけて1921年に世に出した、「船頭小唄」が有名だ。

「おれは河原の枯れすすき 同じお前も枯れすすき どうせ二人はこの世では 花の咲かない枯れすすき」

この歌が大流行したさなかの1923年に関東大震災が起こり、幸田露伴が「このような退廃的な歌が流行ったから大震災が起こったのだ」と批判して話題になった。

それはともかく、ススキは枯れているのか生きているのか判然としないところが、どちらかに決めようとする二元論にそっぽを向いていて、なかなかいい。

ススキの花言葉は「生命力」。これはいかにもススキにふさわしい。ほとんど枯れているようでも、どっこい死んではいないのだ。

きっとススキをこよなく愛する人がつけたのだろうな、と思う。
 

|

« 無からどのようにして宇宙が生まれたかを考える | トップページ | アラビアのロレンスの永遠の女性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/2093017

この記事へのトラックバック一覧です: 駅の線路わきにススキの群れを見つけた:

« 無からどのようにして宇宙が生まれたかを考える | トップページ | アラビアのロレンスの永遠の女性 »