« ブッシュ再選で世界は落胆、アメリカ国民は憎悪の標的に | トップページ | 赤々と燃える夕日に、古代の人たちは何を思ったか »

2004/11/05

あさってから、京都と神戸へのあてのない旅

あさってから1週間、京都と神戸に行ってくる。

といっても、目的も行く先も、ほとんど定まっていないあてのない旅だ。

行く先が定まってないと書いたが、実はたった一つだけスケジュールが決まっている。

それは12日に、宝塚の手塚治虫記念館に行って、その後、すぐ近くにある宝塚大劇場で雪組の公演を観てくるのだ。

宝塚歌劇などまったく知らなかった僕だが、ちょうど10年前に遅い夏休みをとることが出来て、手塚治虫記念館に行くという話を職場でしたら、「宝塚に行くなら、歌劇を観てこなきゃだめですよ」と女の子に言われて、行って観たのが最初だった。

宝塚に行って知ったのは、幼少期から青年期の20年間を宝塚で過ごした手塚治虫が、宝塚歌劇から多大な影響を受け、作品のタッチから世界観にいたるまで、宝塚歌劇の世界が深く入り込んでいることだった。

それ以来、僕は関西に旅行する度に、手塚治虫記念館→宝塚大劇場のコースを入れていて、今回が4回目となる。

これ以外の日は、何のあてもなく、その日の風の吹くままに気ままに歩いてみようと思っている。

空が高くなるこの季節、寅さんならさしずめ、熱を上げたマドンナにふられて、そっと柴又をあとに、あてのない旅にでるところなのだろう。

木々の葉が色づき、北の国から冬のたよりが聞こえてくる、人恋しい秋。あえて一人旅をするのは、孤独だからではない。

明日のために、希望のために、前に進むために、あえてあてのない一人旅をする。

宝塚で観てくる雪組公演のタイトルは「青い鳥を捜して」だ。

|

« ブッシュ再選で世界は落胆、アメリカ国民は憎悪の標的に | トップページ | 赤々と燃える夕日に、古代の人たちは何を思ったか »

コメント

手塚治虫記念館,良いですね。
まだ1度も行ったことがないので,うらやましいです。
何か新しい収穫があったら,またお教えください。

投稿: かねごん | 2004/11/05 18:45

かねごんさん、こんにちは。手塚治虫記念館は、宝塚市が大変な力を入れて運営しているだけあって、初期作品や原画などの資料がとても充実しています。こんどの企画展は「ブラックジャック」だそうで楽しみです。

投稿: BANYUU | 2004/11/05 19:44

BANYUUさん、こんばんは。
関西に来られるのですね!
道端でバッタリお会いしたらどうしましょう!!??

投稿: tomo | 2004/11/06 00:17

tomoさん、道端でバッタリお会いすることもあるかも知れませんよ。「いやあ奇遇ですねえ」なんてね。え、目印? tomoさんのブログに載っていた後姿の写真で分かりますよ、たぶん‥

投稿: BANYUU | 2004/11/06 10:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/1872947

この記事へのトラックバック一覧です: あさってから、京都と神戸へのあてのない旅:

« ブッシュ再選で世界は落胆、アメリカ国民は憎悪の標的に | トップページ | 赤々と燃える夕日に、古代の人たちは何を思ったか »