« ドラえもんとしずかちゃんと静御前 | トップページ | 師走というのに、枯れた朝顔につぼみが膨らんで »

2004/12/01

すべての存在をしばりつける重力とは何だろう

04-12-01_14-46.jpg師走に入った新宿駅東南口。ルミネ2の壁面に、2人の忍者が張り付いている。

屋上につながれた1本のロープにぶら下がって、ビルの壁面を自在に上下左右に移動していく。

プレステ2の巨大な広告ボードの取り付け作業らしい。下では、サラリーマンやOLたちが足をとめて見上げている。

この作業は重力に抗している、というよりは、重力とうまく折り合いをつけ、重力と仲良くしていかないと、決して出来ないのではないか、という気がしてくる。

重力って何だろう。万有引力によると一言でいわれるが、どうやって離れた物体同士が力を及ぼし合うのか、不思議な気がする。

最近読んだ本には、重力とは時空のさざなみである、と書いてある。物質の質量によって、時空がゆがむ。

そのゆがみが、さざなみとなって光速で伝わっていく。波を伝える海水にあたるものは、真空それ自体なのだ。

時空のさざなみは、真空のさざなみとも言い換えられる。真空は時間と切り離すことが出来ず、真空と時空はイコールなのだ。

僕たち人間も、動物たちも植物も、海水も雲も大気も、そして地球それ自身でさえも、時空のさざなみによって、地球の中心方向に絶えず引き寄せられている。

時空のさざなみがあるからこそ、太陽も地球も丸く固まってばらばらになることがない。時空のさざなみは、地球の進化を促し、無数の命をはぐくんできた。

物質は重力の縛りから逃れられないが、精神や思考や感覚や愛は、時空を自由に飛翔してまわることが出来る。

脳や心は、重力から解放された宇宙なのだ、と僕は思う。

冒頭の写真の下には、都心では数少ない大階段がある。階段下の広場は、バンド演奏をするグループやティシュなどを配る人たち、イラク撤退を呼びかける市民グループなどで、いつもごった返している。

待ち合わせの人たち。手をふって別れる人たち。ここには人生のさざなみが、幾重にも重なって渦となっている。

|

« ドラえもんとしずかちゃんと静御前 | トップページ | 師走というのに、枯れた朝顔につぼみが膨らんで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/2122547

この記事へのトラックバック一覧です: すべての存在をしばりつける重力とは何だろう:

« ドラえもんとしずかちゃんと静御前 | トップページ | 師走というのに、枯れた朝顔につぼみが膨らんで »