« すべての存在をしばりつける重力とは何だろう | トップページ | 資源の枯渇を前に、浪費に浮かれる先進国 »

2004/12/02

師走というのに、枯れた朝顔につぼみが膨らんで

04-12-02_09-01.jpg師走も2日というのに、ベランダの朝顔が赤いつぼみを膨らませているのを見つけた。

先日、11月23日の勤労感謝の日に咲いた朝顔には驚いたが、師走のつぼみには、驚きを通り越して涙が出そうになってくる。

つぼみが膨らんだ朝顔は、茎も蔓もとっくに枯れていて緑の葉は1枚もない。

このところの晴天続きで、鉢の土は乾燥しきって、一滴の水分もない。12月に入ってつぼみをつけるとは思ってなかったので、僕も水をやるのをとっくにやめている。

東京の朝方の最低気温は7度にまで下がっている。

このつぼみは、これから咲くのだろうか。それとも、咲かないかも知れないことを自覚しつつ、膨らんでいるのだろうか。

たとえ茎や葉がが朽ち果てようとも、咲けるのならば咲いていく。咲けなくても構わないから、つぼみだけでも、ありったけの力で膨らませてみる。

種をつけるかどうかは、もはや問題ではない。誰かが見てくれるかどうかも、どうでもいいことなのだ。

最後の力を振り絞って、かすかな命のともしびが静かに息を引き取るまで、自然のままで生きていく。

このつぼみは、夏の間ずっと鉢に水をやりつづけてきた僕への、朝顔からの最後のメッセージのような気がする。

師走のつぼみよ、希望と勇気をありがとう。もし咲けるものなら、どうか咲いておくれ。

僕も咲くことが許されるギリギリの時まで、この朝顔のように咲いてみたいと思う。

|

« すべての存在をしばりつける重力とは何だろう | トップページ | 資源の枯渇を前に、浪費に浮かれる先進国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/2131558

この記事へのトラックバック一覧です: 師走というのに、枯れた朝顔につぼみが膨らんで:

« すべての存在をしばりつける重力とは何だろう | トップページ | 資源の枯渇を前に、浪費に浮かれる先進国 »