« 未使用の年賀はがきを切手に交換 | トップページ | プラズマ対液晶、薄型大画面テレビの勝負は »

2005/01/25

家のすぐ裏で火事、周りは消防車だらけ

050125fire今日の昼前、ベランダの外がやけに白っぽいので、戸を開けてみたら、僕の家のすぐ裏が火事だ。

アパートなのか戸建住宅なのか分からないが、2階建てで屋上にはだれか人が一人いる。

もうもうたる白煙がたちこめ、やがて消防車がサイレンを鳴らしながらワンサとかけつけてきて、放水を始める。

駆け回る消防官、右往左往する近所の人たち。警察官もかけつけて来る。上空には報道のヘリが飛んでくる。

僕はベランダから、ビデオを回す。ケータイで静止画を撮るという考えはまったく浮かばない。

15分ほどで火災は鎮火したが、後から後から消防車がどんどんかけつけて来て、僕の家の周囲は消防車だらけで、前の道路は車両が通行止めとなる。

僕の家の裏では、数年前にも木造アパートが全焼したことがある。空気が乾燥しているこの時期、火事はこわい。

今回火事になった家では、滝のように放水を浴びて、家具も何も水浸しになっていることだろう。

ブログにこの火事の話を書くにあたって、写真がないのにハタと困ってしまった。

ビデオの動画はあるが、そこから静止画を一枚切り出す作業が意外に難しかった。まずパソコンに動画を取り込み、こんどは動画から任意の場面を静止画にするソフト(楽ViewVM)で、悪戦苦闘しながらようやく写真を切り出した。

DVDに焼いたものから静止画をキャプチャーするのは簡単だが、DVDに焼くまでもない場合には、今回の方法が手っ取り早い。

静止画キャプチャーのノウハウが分かったので、これからは手際よくビデオカメラで撮った映像から静止画を取ることが出来ると思っている。

|

« 未使用の年賀はがきを切手に交換 | トップページ | プラズマ対液晶、薄型大画面テレビの勝負は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/2692504

この記事へのトラックバック一覧です: 家のすぐ裏で火事、周りは消防車だらけ:

« 未使用の年賀はがきを切手に交換 | トップページ | プラズマ対液晶、薄型大画面テレビの勝負は »