« 愛知万博には何か決定的なものが欠けている | トップページ | ドストエフスキーの「白痴」を読了 »

2005/01/04

ケーブル端子におけるオスとメス

年末年始にビデオカメラで撮影した映像を、DVDレコーダーに取り込んでDVDに焼くことにした。

そのためには、ビデオカメラとDVDレコーダーを接続するDVケーブル(iLinkあるいはIEEE1394ケーブルなど、さまざまな呼び方があるのでややこしい)が必要だ。

両方とも端末は4ピンであることを説明書で確かめて、ヨドバシカメラに買いに行った。

05-01-04_18-37このケーブルはじつにさまざまな規格があって、4ピン同士だけでなく、4ピンと6ピン、6ピン同士など、間違ったものを買ったら接続出来なくなるので、確認が必要だ。

DVケーブルだけでなく、USBケーブルなどほかのケーブルでもそうだが、ピンの数とは別に、オス・メスの区別にも注意しなければならない。

オス・メスとは誰が言い出したのか知らないが、ケーブルの端子の形状というか構造を、これほど端的に分かりやすく表現する言葉はないだろう。

オスとは差し込む側の端子の形状であり、メスとは差し込まれる側の端子の形状なのだ。

要するに、はしたない言い方をすれば、オトコとオンナのカラダの違いと思えばいい。

ケーブルの端子はオスばかりとは限らないのだ。たとえば延長用のDVケーブルは、片方がオスで片方がメスだ。

花も恥らう乙女たちも、「両端がオスのケーブル下さい」などと、平然と言ってのけて買っているのだろうか。

ケーブル端子のオス・メスで顔を赤らめているのはオジサンくらいで、花も恥らう乙女なんてもう日本にはいないのかも知れないが。

|

« 愛知万博には何か決定的なものが欠けている | トップページ | ドストエフスキーの「白痴」を読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/2468138

この記事へのトラックバック一覧です: ケーブル端子におけるオスとメス:

« 愛知万博には何か決定的なものが欠けている | トップページ | ドストエフスキーの「白痴」を読了 »