« 平成がスタートして今日で満16年 | トップページ | ダム・道路・空港‥インフラが廃墟になっていく »

2005/01/09

部屋の加湿器に補充した水はどこへ消える?

空気が乾燥するいまの季節は、加湿器が大活躍している。

僕の家には、加湿器が2台あって、エアコンの暖房がオンになっている時には、加湿器も作動させている。

居間の加湿器は、タンクに2リットルの水を補充しても、数時間のうちにカラになってしまう。1日に5、6リットルの水が費やされている。

素朴なギモンだが、こうやって補充を続けた水は、いったいどこに消えていくのだろうか。

1日に2回ほどは、換気のためにベランダの戸を開けるのだが、戸を開けなくてもどんどんタンクの水は減っていく。

かといって、ガラス戸の内側に結露するわけでなし、部屋の中の家具や本が湿っぽくなるわけでもない。

加湿器には、部屋の湿度を示すランプがついていて、この季節は長時間、加湿器が作動していても、湿度は30%を示してして、40%になることはほとんどない。

水を補充しても補充しても、部屋の空気はいつも乾燥状態なのだ。

1日に5、6リットルもの水は、どこに消えているのか、不思議でたまらない。

|

« 平成がスタートして今日で満16年 | トップページ | ダム・道路・空港‥インフラが廃墟になっていく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/2519978

この記事へのトラックバック一覧です: 部屋の加湿器に補充した水はどこへ消える?:

« 平成がスタートして今日で満16年 | トップページ | ダム・道路・空港‥インフラが廃墟になっていく »