« 何種類ものIDとパスワードがごちゃごちゃ | トップページ | 岡本喜八監督死去、「大誘拐」は最高傑作だった »

2005/02/18

ローマの大学に世界初の悪魔祓い講座

今日の読売の夕刊によると、ローマにあるカトリック系大学で、世界初の悪魔祓い講座が開講し、17日から講義が始まった、という。

開講の目的は、「本当に悪魔に取り付かれたケースと、精神的問題とを見分けられるようにする」こと、という。

最初の講師は、エクソシスト(悪魔祓いの祈祷師)のガブリエレ・ナンニ師で、約100人の聖職者たちが受講した。

受講料は180ユーロ(約2万4000円)だそうだ。

「本当に悪魔に取り付かれたケース」というのは、どうやって見分けるのだろうか。ていうか、本当に悪魔が取り付くものなのか???

分かった! いるいる。悪魔に取り付かれたモノどもが。あの国にも、かの国にも、この国にも。うじゃうじゃといるぞ。

おのれ、政治家に取りついた悪魔どもめ。経営者や学者に取りついた悪魔どもも、ワンサといる。

自国の利益を振りかざして、世界に戦争を仕掛けて回る悪魔ども。一国の国民を10万人も殺してもなお、殺し続ける悪魔め。

地球をぶち壊すことなどものともせずに、ひたすら利潤・利益のみを追い求めて、生き血を吸い続ける魑魅魍魎ども。

これらはみな、精神的問題では解明不可能な狂気の仕業で、悪魔が取り付いたのでなければ、決して出来ることではない。

しかし、悪魔祓いをするにも、あまりにも数が多すぎて、祈祷師たちが何万人いても足りないのだ。

悪魔どもは、祈祷師たちが追い祓っても追い祓っても取り付いてくる上に、どんどん増殖して地球をしだいに支配しつつある。

そのうち、悪魔たちにも免疫が出来てきて、祈祷くらいではビクともしなくなるのではないか。

いずれ、悪魔祓い講座の受講者たちの大半が、悪魔に取り付かれた者たちになっていて‥‥そのころには、講師役のエクソシストにも悪魔が取り付いていて‥‥

|

« 何種類ものIDとパスワードがごちゃごちゃ | トップページ | 岡本喜八監督死去、「大誘拐」は最高傑作だった »

コメント

英会話学校に通って半年経った頃から外国の霊が憑依してきたり、夢が正夢になったり、今まで霊感が全くなかった自分にとっておかしいことが分かりました。
それからというもの、寝ている間に自分の心の中に入ってきては妄想を抱かせようと
しています。 心(夢)の中に出てくる霊が悪魔だったため日本のカトリック教会に
悪魔祓いをやっているかどうか聞いたところ、やっていないとのことでした。
僕はどうしたらいいのでしょうか。誰か助けてください・・・・

投稿: 悪魔に取り付かれた男 | 2005/04/12 10:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/2984813

この記事へのトラックバック一覧です: ローマの大学に世界初の悪魔祓い講座:

» 悪魔、祓ってみる~? [かいじゅうたちのいるところ]
昨日、ローマのカトリック系大学が悪魔祓いの講座を開設というぶっとんだ記事をテレビで知った(バチカン認定大学が聖職者向けに悪魔祓いコースを開設、というのが正しいみ [続きを読む]

受信: 2005/02/19 18:28

« 何種類ものIDとパスワードがごちゃごちゃ | トップページ | 岡本喜八監督死去、「大誘拐」は最高傑作だった »