« ローマの大学に世界初の悪魔祓い講座 | トップページ | イノシシと思って撃ったら‥忠臣蔵のような話が »

2005/02/19

岡本喜八監督死去、「大誘拐」は最高傑作だった

岡本喜八監督が食道がんのため、81歳でなくなった。

「日本のいちばん長い日」は見たには見たが、どんな内容だったのかほとんど覚えていない。

強烈な印象を受けたのは、1991年の「大誘拐」だ。

北林谷栄演じる82歳の大金持ちのお婆ちゃんが、風間トオルら3人のチンピラに誘拐される。

誘拐されたお婆ちゃんは、しだいにチンピラたちを操って主導権を握っていく。

ついには身代金を自分で100億円と決めて「ビタ一文負からへんで」と宣言し、チンピラたちは「お婆ちゃん、ムチャクチャ言いおる。だいいち、百億なんてどないして運ぶんや」と真っ青になる。

北林谷栄の好演は特筆すべきだが、振り回される県警本部長の緒形拳、お婆ちゃんたちをかくまう樹木希林もなかなかいい。

お婆ちゃんはテレビ局を手玉に取り、全国に自分の姿と声を生中継させることに成功。そして、前代未聞の現金100億円の受け渡しへ。

岡本監督は、コミカルなシーンを随所に交えながらも、正面から堂々とこの誘拐ドラマを描いていて、ドキュメンタリーのようなテンポの速い迫力で、観るものを釘付けにする。

お婆ちゃんの豪邸には、戦死した3人の息子の遺影が額に入れて飾られている。「お国って、なんやろなあ」とつぶやく姿が、誘拐劇の主導権を握るに至ったお婆ちゃんの気持ちを表している。

ビデオでも何度となく観たが、何度観ても面白い最高傑作である。

岡本監督のご冥福をお祈りいたします。合掌。

|

« ローマの大学に世界初の悪魔祓い講座 | トップページ | イノシシと思って撃ったら‥忠臣蔵のような話が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/2997374

この記事へのトラックバック一覧です: 岡本喜八監督死去、「大誘拐」は最高傑作だった:

« ローマの大学に世界初の悪魔祓い講座 | トップページ | イノシシと思って撃ったら‥忠臣蔵のような話が »