« 全国の裁判所が「一太郎」を使用している皮肉 | トップページ | 新宿に中身が空洞のヨロイマン »

2005/02/03

朝日だけ週刊誌見出しの「スイカップ」をなぜ削る

050203今朝の新聞各紙に、週刊新潮の広告が載っていたが、朝日だけはその中の「スイカップ」の見出しの一部を削って空白にしていた。

朝日は以前にも「スイカップ」を同じように削って、この言葉が削らなければならないほどのものなのか、と話題になったことがある。

一般に、新聞が週刊誌見出しの文章を削って空白にするというのは、よほどの大問題に限定されているはずだ。

それは、差別用語や猥褻な言葉などの新聞禁止用語か、あるいは自分の新聞や会社に対する誹謗中傷などのケースが普通だろう。

朝日が削り続けている「スイカップ」は、どの理由に該当するのだろうか。差別用語なのか、それとも猥褻なのか。

あるいは品がないからだろうか。これが品がないといえば、週刊誌の見出しなどは半分以上が品がないことになりはしないか。

スイカップを削って、朝日の品位が保たれたと本気で考えているとしたら、失笑ものだ。

読売、毎日、日経はいずれも、そのまま「スイカップ」で載せているが、とくにヘンな感じは受けない。

それよりもむしろ、削って空白の見出しのまま新聞を作った朝日の方が、よっぽど異常な印象で、むしろ猥雑感すら漂っている。

新聞にとって、空白を出すことは自殺行為に等しい。

このような過剰な自己検閲を続けていると、そのうち権力が記事や広告の内容や見出しを変えるように要求してきた時に、抵抗する論理を失ってしまう。

朝日が批判している某マスメディアのように、いずれ重要な記事や見出しについて、事前に政治家に説明することさえ受け入れてしまうのでは、という危惧を感じる。

|

« 全国の裁判所が「一太郎」を使用している皮肉 | トップページ | 新宿に中身が空洞のヨロイマン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/2793569

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日だけ週刊誌見出しの「スイカップ」をなぜ削る:

» 朝日新聞って中国の新聞? [うねり]

 最近ちょくちょく見かけるのが、例えば李肇星(リー・チャオシン)外相という表記の仕方だ。日本のODA削減、中

[続きを読む]

受信: 2005/02/11 17:53

« 全国の裁判所が「一太郎」を使用している皮肉 | トップページ | 新宿に中身が空洞のヨロイマン »