« 如月二月は逃げていき、明日から弥生三月 | トップページ | 里子に出した我が家の雛人形を想う »

2005/03/01

首都直下地震に備え、5年保存の飲料水を買う

首都直下型地震が迫っているという報道を見るにつけ、最小限のサバイバル策を講じておこうと、東急ハンズの防災コーナーに行ってみた。

阪神大震災を経験したハンズ三宮店全従業員へのアンケート結果 にもとづいて、最も必要な21種類のグッズをセットにしたという緊急避難セット14,175円は、人気商品らしく入荷待ちの状態。

緊急避難セットよりも、まずは5年間の保存がきくミネラルウォーターの方がサバイバルに不可欠のような気がして、買っておこうと思ったが、これまた品切れで入荷待ち状態。やっぱり、備えあれば憂いなし派の人たちが増えているのだな、と実感する。

入荷待ちでもいいから、5年保存のミネラルウォーター1.5リットル入りを3ケース(1ケース8本)注文して、入荷しだい配送してもらうことにする。

都合24本で36リットルあれば、首都圏直下型地震で想定される断水期間の4日間は、しのげるような気がする。これで7,650円だから、保険と思えば安いものか。

5年の保存期限が過ぎた場合も捨てないで、歯磨きや水洗トイレ用として取っておき、飲用のものは新たに5年保存のものを買い足す。

ついでに、5年保存の「缶入り乾パン氷砂糖入り」というのを1ケース(24缶入り)買って、これも一緒に配送してもらうことにした。こちらは6,048円。

送料は全部で315円だった。ミネラルウォーターの重さを考えれば配送してもらうしかない。

ミネラルウォーターも乾パンも2010年で保存期限が切れる。その時、今回の買い物がムダになっていることを願うばかりだが、そうだとしても首都直下地震の発生確率はますます高まっているはずだ。

5年ごとに水の買い足しと乾パンの買い替えをしていくとして、何度目の時に「本番」に遭遇することだろうか。

|

« 如月二月は逃げていき、明日から弥生三月 | トップページ | 里子に出した我が家の雛人形を想う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/3129783

この記事へのトラックバック一覧です: 首都直下地震に備え、5年保存の飲料水を買う:

» 乾電池に頼らない明かりの確保 [防災グッズ・家庭用防災用品の情報センター]
阪神淡路大震災の時には、コンビニや電気屋さんの開店とともに乾電池は直ぐに売り切れてしまいました。乾電池に頼らない手動充電発電ライトやラジオなど明かりと情報の確保が大事です。... [続きを読む]

受信: 2005/05/10 23:56

» 生き抜くために飲料水の確保を [防災グッズ・家庭用防災用品の情報センター]
私たちが生きていくためには、一人1日当たり2Lの飲料水が必要です。災害時には、最悪の場合、救援が来るまで最大で3日間はかかるものとして、6L×家族の人数程度は備えておきたいものです... [続きを読む]

受信: 2005/05/11 12:35

» 災害時に力を発揮する携帯電話の充電 [防災グッズ・家庭用防災用品の情報センター]
災害時には、携帯電話の電話自体はつながらなくなることが想定できますが、メールはパケット通信という方式で通信されるため、有効な通信手段となります。しかし、停電の時の充電は? [続きを読む]

受信: 2005/05/11 12:41

« 如月二月は逃げていき、明日から弥生三月 | トップページ | 里子に出した我が家の雛人形を想う »