« 「夏の思い出」「花の街」の江間章子さん死去 | トップページ | 雨の中、今年は今日から彼岸の入り »

2005/03/16

よしもとが世界初の「水中漫才」だって

05-03-16_11-58お笑いのよしもとが、世界初の「水中漫才」を池袋のサンシャイン水族館でやっているらしい。

駅に張ってあるポスターを見ると、ゴーグルのようなものを着けた二人の漫才師が、魚たちの泳ぐ水槽の中で漫才をやっていて、観客はガラス越しにこれを楽しんでいる。

水中というのに、漫才師たちは背広に蝶ネクタイといういでたちだ。

マイクも水中に立っているが、これで本当に音を拾うとも思えず、ゴーグルの中にマイクがあるのかも知れない。

なんでまたわざわざ水中で、と思うが、話題性というか受け狙いなのだろう。水族館の入場料金だけで観れるというのも、ウリになっている。

ポスターの下に書かれている断り書きが傑作だ。

「荒天および出演者の体調や生物(お魚)の状態等によっては、公演が中止になる場合がございます」

出演者の体調というのは、もっともだ。風邪を引いたり胃腸をこわしたりしていれば、水に入るどころではない。

荒天というのが分からない。雨が降ろうが嵐が吹き荒れようが、水槽の中なんだから関係なさそうなものだが。

それよりもお魚の状態、というのはなんでやねん。魚の体調が悪いと、漫才がやりにくいのだろうか。

これを考え付いた人は最初、魚に漫才をやらせるつもりだったらしい。しかし、いろいろ検討したところ難しいということになり、人間を水に入れることにしたとか。

水中漫才が出来るのならば、水中落語だってあっていい。水中で座布団の上に座れるかどうかが問題だが‥

|

« 「夏の思い出」「花の街」の江間章子さん死去 | トップページ | 雨の中、今年は今日から彼岸の入り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/3321850

この記事へのトラックバック一覧です: よしもとが世界初の「水中漫才」だって:

« 「夏の思い出」「花の街」の江間章子さん死去 | トップページ | 雨の中、今年は今日から彼岸の入り »