« よしもとが世界初の「水中漫才」だって | トップページ | 胃カメラ検査で胃の細胞組織を採取される »

2005/03/17

雨の中、今年は今日から彼岸の入り

「毎年よ彼岸の入りにさむいのは」 正岡子規

これは「彼岸だというのに寒いね」と子規が言ったのに対して、子規の母が言ったことばをそのまま句にしたものだそうだ。

子規にしては珍しい口語調の句なのは、母の言葉そのままだからだ。

彼岸の入りはいつだろうか。ネットで検索してみると、3月18日としているものが少なくないが、これは年によって違っていて、今年は今日17日が彼岸の入りとなっている。

僕は21日が春分の日かと思っていたがこの日は振替休日で、今年の春分の日は20日なのだ。今年の彼岸の入りが17日なのは、そのためだ。

昨日は暖かかったが、今日は雨がふって寒くなった。

東京の桜の開花予想は、前回の31日から27日に早まった。

この雨は、桜のつぼみをふくらませるための、春を呼ぶ雨なのだろう。

造幣局の桜の通り抜けの日程が今日発表になった。4月13日から19日までという。

12日に甲子園の阪神-巨人第1戦を観て、次の日に桜の通り抜けに行けばピッタリのスケジュールだ。

この両日はぜひとも晴れてほしいものだ。

|

« よしもとが世界初の「水中漫才」だって | トップページ | 胃カメラ検査で胃の細胞組織を採取される »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/3333668

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の中、今年は今日から彼岸の入り:

« よしもとが世界初の「水中漫才」だって | トップページ | 胃カメラ検査で胃の細胞組織を採取される »