« 愛知万博、1日から手作りの弁当持ち込みはOKだが | トップページ | いまが花粉のピーク、使い捨てで効き目のあるマスクは »

2005/04/01

ASAHIネットのブログがアサブロとは、小原庄助さん?

ブログサービスは、大手のプロバイダーや検索サービスなどが立ち上げていて、日本のブロガーは150万人ともいわれる。

これに出遅れた大手の中には、いまごろになってブログサービスに参入するところも出ている。YAHOOしかり、そしてASAHIネットがそうだ。

ASAHIネットはまだテスト版を公開している段階で、会員といえども開設できるところまで至っていない。

傑作なのはそのネーミングで、ASAHIネットのブログなので、アサブロだそうな。なんと、そのイメージロゴは、逆さクラゲの温泉マークになっている。

ここまできたら、いっそのことアサブロをさらに一ひねりして、アサユにしちまったらいいのに。

ASAHIネットは略してアサネだから、あとちょっとで小原庄助さんだ。

アサザケと呼べるようなサービスは何かないか。あった。ASAHIネットの電子フォーラムの中に、「居酒屋百薬」という酒好きの人たちの集まる場がある。これぞアサザケだ。

「会津磐梯山」の後囃子に歌われている小原庄助さんは実在の人物で、本名久五郎という塗師だった。

安政5年6月に没し、白河市の皇徳寺に、杯と徳利の形をした墓がある。表に「会津塗師 米汁呑了居士」、裏には「朝によし、昼はなほよし、晩もよし、飯前飯後其間もよし」と刻んである。

米汁呑了居士という戒名のとおり大変な酒豪で、連日連夜のように酒盛りをしていたのは事実のようだ。

朝によし、昼はなほよし、晩もよし、飯前飯後その間もよし、とネットやブログにドップリはまっていると、シンショウをつぶすかも。

(表の新着情報:「21世紀の歩き方大研究」の「新世紀つれづれ草」を今日から、21世紀エッセイ「時間の岸辺から」に改題、スタイルも一新して新装開店)

|

« 愛知万博、1日から手作りの弁当持ち込みはOKだが | トップページ | いまが花粉のピーク、使い捨てで効き目のあるマスクは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/3522730

この記事へのトラックバック一覧です: ASAHIネットのブログがアサブロとは、小原庄助さん?:

« 愛知万博、1日から手作りの弁当持ち込みはOKだが | トップページ | いまが花粉のピーク、使い捨てで効き目のあるマスクは »