« 夏日なのにヒノキ花粉が長引いてマスクが外せない | トップページ | サイゴン陥落から30年、何も学ばなかったアメリカ »

2005/04/29

消された「未来に夢中です」の文字

尼崎のJR列車事故で、脱線車両を取り除く作業をしていた重機のアームに書かれていた「未来に夢中です」の文字。

これはテレビ中継や新聞などで大写しになり、26日のこのブログでも悲しいこの文字について触れた。

ほかのブログでも、ずいぶんとこの文字について触れたものがあった。

同じような指摘が相次いだのか、さすがにこの文字はまずいと思ったのか。いつのまにか、アームの部分に何かを貼るなどして、この文字が消されている。

重機が到着した段階では、救出活動が最優先で、アームの文字がどうのという段階ではなかったのだろう。

しかし文字を消したところで、命を絶たれた106人の未来は戻らない。これからも夢中で生きるはずだった未来は、こなごなに粉砕されて消滅した。

消されれば消されたで、覆い隠すしかなかった「未来に夢中です」が、ますます強い印象で迫ってくる。

(表の新着情報:「21世紀の歩き方大研究」の21世紀エッセイ「時間の岸辺から」に、「尼崎列車事故からGWへの時間の流れ」をアップロード)

|

« 夏日なのにヒノキ花粉が長引いてマスクが外せない | トップページ | サイゴン陥落から30年、何も学ばなかったアメリカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/3908178

この記事へのトラックバック一覧です: 消された「未来に夢中です」の文字:

» あまりに唐突で、不本意な死 [Passing Strangers]
 若い頃クルマやバイクの趣味に呆けた。今だってキライではない。サーキット走行など [続きを読む]

受信: 2005/05/01 05:12

« 夏日なのにヒノキ花粉が長引いてマスクが外せない | トップページ | サイゴン陥落から30年、何も学ばなかったアメリカ »