« 広域避難場所と一時避難場所の違いは? | トップページ | 2月上旬の寒さに逆戻り、花散らしの雨 »

2005/04/11

今月は新聞休刊日がないことを初めて知った

あれれ、新聞休刊日って、毎月1回あったんじゃなかったっけ。

4月はいつが休刊日かと思ったら、今月は休刊日がないのだそうだ。

さらに、祝日が2つもある11月も休刊日がないとは驚いた。

ネットで調べてみると、2001年までは毎月1回、年12回の休刊日があったのだが、朝刊がないのはさびしいという読者の声を受けて2002年は年9回にすることになった。

この年は、某1社が抜け駆けで新聞を発行することが分かり、他社もあわてて休刊日を返上して新聞を発行するなど、大騒ぎだったらしい。

現在では、年10回の休刊日ということで落ち着いているようだ。

もともと新聞休刊日(翌日の朝刊が休み)は、元日、こどもの日、秋分の日、文化の日(ないしは勤労感謝の日)と、年4回の時期が長く続いていた。

それが、日本の高度成長とともに新聞配達員の確保が難しくなってきて、「新聞少年に休みを」の掛け声によって、だんだん増えてきた。

僕は、テレビやインターネット、ケータイなどでニュースに手軽に接するこの時代に、朝刊がない日が毎月1回あっても不便は感じたことがない。

年12回を年10回に減らすなんてミミッチイことをやらないで、年12回休刊日制に戻したらいいのに、と僕は思う。

それとも、新聞の来ない朝でもとくに不自由を感じないということを、読者が知ってしまうのが恐いのだろうか、と思ったりする。

|

« 広域避難場所と一時避難場所の違いは? | トップページ | 2月上旬の寒さに逆戻り、花散らしの雨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/3658141

この記事へのトラックバック一覧です: 今月は新聞休刊日がないことを初めて知った:

« 広域避難場所と一時避難場所の違いは? | トップページ | 2月上旬の寒さに逆戻り、花散らしの雨 »