« ユーザー登録などの個人情報は簡単に漏れる | トップページ | 米朝のベスト3を挙げるとすれば »

2005/04/23

小さな神社の境内に、ツツジとアジサイ

05-04-23_13-22GWも間近というのに、なかなか4月本来の暖かさにならない。朝夕はとりわけ寒いくらいだ。

小さな神社に、つつじ祭りと書いてあったので、ふらりと境内に入ってみた。

増えられているつつじは少なく、鉢植えで値段のついたつつじが20鉢くらい並べられている。

その脇に、アジサイの鉢植えもある。つつじとアジサイで、この境内だけは初夏の空気だ。

奥の方でひっそりと、フリーマーケットが開かれている。

狭い境内なので、それでおしまいなのだが、そのまま帰るのはためらわれるので、参拝していくことにする。

こういうときには、気持ちだけの賽銭を箱に投げ入れる。

僕はいつもジンクスのように、小銭入れの中から100円玉、50円玉、10円玉、5円玉、1円玉を少なくとも1個ずつ取り出して、賽銭にしている。

深い理由はないのだが、いつの間にかそういう習慣が身についてしまったので、いつもの通りにしないと縁起が悪いような気がするのだ。

500円玉が入っていないのは、単にもったいないからで、初詣の時だけは500円玉があれば入れている。

お金は投げてはいけないものなのに、賽銭だけは投げ入れてもいいのはどういうわけなのか分からない。

賽銭を投げ入れるチャリンチャリンという音。そしてガラガラと鳴らす鈴。柏手の音。そんなものがまじりあって、願い事が聞き入れられるのかも知れない。

ちょっと立ち寄った神社や寺にお参りするのは、宗教というよりは、一種の生活習慣あるいは礼節のようなものかも知れない。

|

« ユーザー登録などの個人情報は簡単に漏れる | トップページ | 米朝のベスト3を挙げるとすれば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/3823293

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな神社の境内に、ツツジとアジサイ:

« ユーザー登録などの個人情報は簡単に漏れる | トップページ | 米朝のベスト3を挙げるとすれば »