« シュレッダーが必需品の時代? | トップページ | イカ釣り船のいさり火に青色発光ダイオード »

2005/05/07

光ファイバーの訪問販売に閉口する

土曜日の夕方だというのに、玄関のチャイムが鳴る。

こんな時間に来るのは、宅配便以外には考えられないと思いながら、ドアホンに出てみる。

「光ファイバーのサービスをやらせていただいている○○と申します。本日は光ファイバー導入のご案内に伺いました」

そこで僕は、つとめて冷静に言う。「結構ですけど」

相手はすかさず聞いてくる。「いま現在はADSLをお使いでしょうか」

「いえ、あの光ファイバーは結構です」と僕は言うのだが、相手はたたみかけて聞いてくる。「当社の光ファイバーは高速で、料金もお安くなっており、この機会にぜひ‥なんたらかんたら」

あまりいろいろと一方的に説明を始めるので、僕もイライラしてついに言ってしまう。「うちは光ファイバーをすでに使っていますので」

言った後で、しまった、余計なことを言わなきゃよかった、と後悔したがもう遅い。こちらにパソコンがあってインターネットをしていることを白状してしまったと同じだ。

相手は機関銃のように矢継ぎ早に聞いてくる。「どこの社の光ファイバーでございますか。いつから導入されておられますか。1カ月の料金はどれくらいお払いですか。プロバイダーはどちらでしょうか」と一歩も引き下がらない。

「いえ、詳しいことはともかく、今の状態で何も問題はないので結構です」と断っているのに、「インターネットはどういう使い方をされておられますか。当社の光ファイバーへの変更お手続きは簡単です。当社はプロバイダーとしても実績を積んでいて‥うんぬん」と止まらない。

「はあ、いずれにしても、プロバイダーを変更するといろいろと大変なので‥」と言っても、「プロバイダーの変更は簡単に出来ます。当社で全部手続きいたします。ぜひ当社の光ファイバーへのお乗り換えを、ご検討いただきたく‥」

「すみません。今、ネットで作業中なもので」と遮ると、「そうでございますか。では機会がありましたらまたよろしく願います」と言って帰って行った。

ADSLから光ファイバーへと、顧客争奪戦争の軸足が移ってきているのだろう。

光ファイバーの飛び込み訪問販売をやらせられる営業マンも、必死なのは分かるが、それにしても気が小さい僕などは断るのに四苦八苦だ。

|

« シュレッダーが必需品の時代? | トップページ | イカ釣り船のいさり火に青色発光ダイオード »

コメント

ハイテクサービスが、最も原始的な訪問販売にくるとは!

投稿: 秋葉OL | 2005/05/07 22:45

営業は足で取れ、営業は断られた時から始まる‥‥ローテク時代の鉄則そのままですね。営業マンもつらいことでしょう。

投稿: BANYUU | 2005/05/07 23:33

こんばんは。
関西ノリのツッコミ・コメントですみません。
>それにしても気が小さい僕などは
  えぇっ? ウッソー! (ノ; ̄◇ ̄)ノ アノネェ

投稿: ahaha | 2005/05/08 03:50

ahahaさんのツッコミに、たじろぎますねえ。パソコン通信やネットでは気が大きいように振舞っているだけでして。ネット弁慶なんですよ、たぶん(^^)。

投稿: BANYUU | 2005/05/08 10:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/4025619

この記事へのトラックバック一覧です: 光ファイバーの訪問販売に閉口する:

» 「ADSL」でブログ検索してみました。 [日刊カタログ]
「 ADSL 」の検索結果で、「裏・21世紀の歩き方 .. 」さんを紹介させていただきました。つながり系サイトです。 [続きを読む]

受信: 2005/05/11 19:57

« シュレッダーが必需品の時代? | トップページ | イカ釣り船のいさり火に青色発光ダイオード »