« 絶滅危惧植物展 | トップページ | 個人情報保護法で人間ドックが様変わり »

2005/06/13

自分の小学1年の通信簿が出てきた

img0071押入れの中の本や資料を整理していたら、僕が小学1年の時の通信簿が出てきた。こんなものが残っていたとは驚きだ。

これを見ると、当時はプラス2からマイナス2までの5段階評価になっている。

僕は2学期の音楽の表現の項目が、マイナス1になっている。よほど歌うのがヘタクソだったのだろうか。

img0061学校から家庭への通信欄を見ると、1、2学期は「真面目に学習しています」と書かれているが、3学期のところでは「融通性を持たないと成績がおさえられることがありますから、御留意願います」とある。

そのころから僕は融通性に欠けていたらしく、それは今もほとんど変わっていないような気がする。

1年の通信簿だけでなく、小学校6年間の通信簿が全部まとめて保管されていたのには驚いた。

これは僕が保管していたというよりは、親が封筒に保管しておいたものを、ずっと後になって僕に渡したもののようだ。

僕自身は今の今まで、渡された封筒を押入れの中にとっておいたものの、中身を見たことがなかった。

2年の通信欄には、「正しい鉛筆の持ち方を嫌っているので、家庭でも注意して下さい」とある。今でも正しいキーボードの打ち方を嫌って覚えようとしていないところはそっくりだ。

3年の1学期の通信欄には、担任の先生がこんなことを書いている。

「何か私に冗談を言われると右手、左手を交互に額の上にやり、髪の毛をモシャモシャとかくくせがあります。そしてお友達から『またやったわ』なんて笑われています。ただし、直せと申すのではありません。愛嬌があって一段と親しまれます。お伝言まで」

そのような記憶はまったくない。タイムマシンに乗って子どものころの自分を見に行ったような、不思議な気持ちだ。

当時の僕がいまの僕を見たら、未来の自分の姿であると納得するだろうか。

こうした対面が実現したとしたら、お互いに照れくさいだろうな。

|

« 絶滅危惧植物展 | トップページ | 個人情報保護法で人間ドックが様変わり »

コメント

笑える~。
もしゃもしゃするんですね。
わたしも、引越しのときにみて、一種感動しました。
もらう当時は嫌でたまんないものですけど。

投稿: 秋葉OL | 2005/06/15 00:53

子どものころの写真を見るのとはまた別の感慨がありますね。書かれていることには全く覚えがありませんが、いまの自分の遥か遠くの原型を見るようで、なんともいえない気持ちになります。

投稿: BANYUU | 2005/06/15 09:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/4539237

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の小学1年の通信簿が出てきた:

« 絶滅危惧植物展 | トップページ | 個人情報保護法で人間ドックが様変わり »