« 遠近法の原理を実感する場所 | トップページ | 新潟駅前に花で出来たサッカーボール »

2005/06/20

郷里の新潟にラーメンを食べに来た

新幹線に乗って、故郷の新潟までラーメンを食べに来た。

いま新潟の街を歩きながら、ケータイからモブログで書いている。

「新潟うまいものの店」などというグルメ本にはたいてい載っている三吉屋という小さな店で、ここは相席でも18人くらいしか入らない。

「昔そのものの味」と店の入口に小さく書いてあるとおり、僕が子供のころに食べた新潟の支那そばの味を頑強に守り続けている唯一の店といっていい。

メニューはラーメン500円とチャシューメン650円しかなく、あとはそれぞれの大盛りがあるだけ。

麺は極細の縮れ麺で、スープは醤油が僅かに入った薄い塩味。メンマと刻みネギ、チャーシュー、それにナルトが乗っている。

僕はこれまで、東京でもいろいろなラーメン屋を回ってみたが、この三吉屋のラーメンにかなう味はないことが分かり、それ以来、年に一度だけ新潟にやってきて、ここのラーメンを食べることにしている。

もちろんのことだが、店に向かう前には、墓参をするのを欠かしたことはない。


BANYUU050620_1328.jpg

|

« 遠近法の原理を実感する場所 | トップページ | 新潟駅前に花で出来たサッカーボール »

コメント

お久しぶりです。
以前「フランシーヌ」の件で書き込みをさせてもらいました。
あれから時々読ませて頂いてますが、
あら、新潟なんすか?!
ということで久々レス。
私も新潟出身です。
新潟中央高校、福田組~何故か今、新宿区…。

投稿: ヨーコ | 2005/06/21 11:18

ヨーコさん、お久しぶりです。これはこれは同郷でしたか。
新潟中央高校とは、なんと懐かしい響き!
僕は新潟高校ですが、われら県高生にとって中央レディーはあこがれのマトだったものです。
何故か今、新宿区…それも同じです!

投稿: BANYUU | 2005/06/21 14:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 郷里の新潟にラーメンを食べに来た:

« 遠近法の原理を実感する場所 | トップページ | 新潟駅前に花で出来たサッカーボール »