« 郵政参院否決なら解散というのはブラフか | トップページ | JRの電車の女性運転士さんに、日本の明日を見る »

2005/07/30

75年ぶり太陽系10番目の惑星とボーデの法則

冥王星の発見以来、75年ぶりに太陽系の10番目の惑星が発見された、とNASAが発表した。

なんと太陽の周りを一周するのに約560年かかるというから気が遠くなるような話だが、もっと驚くのはほかの9個の惑星の軌道とは約45度の角度で交わっていることだ。

これが国際天文学会で惑星と認められれば、正式な名称がつけられるという。

僕たちが子どものころから暗記してきた水金地火木土天海冥に、もう1つが加わることになる。

天王星、海王星、冥王星ときているので、日本語に訳した時には、やはりナンタラ王星となるのだろうか。

ここで僕は、太陽と惑星との平均距離についてのボーデの法則を思い出す。

1772年にボーデが発見した法則で(実際にはその6年前にティティウスも発見している)、太陽と地球との距離を1とした時に、水星を0.4として、金星からは順に次の法則が成り立つとするものだ。

太陽からの距離=0.4+0.3×2のn乗(nは0、1、2‥)

これに基づく計算値は次のようになる。( )は実測値

水星       0.4(0.39) 
金星  n=0 0.7(0.72)
地球  n=1 1(1)
火星  n=2 1.6(1.52)
小惑星 n=3 2.8(2.2~3.2)
木星  n=4 5.2(5.2)
土星  n=5 10.0(9.6)
天王星 n=6 19.6(19.2)

ここまでは、ピッタリなのだが、海王星(30.1)と冥王星(39.5)では、ボーデの法則が破綻しているといわれてきた。

しかし、最近、海王星より外側の小惑星が次々と発見されて、それらは冥王星を含むプルーチノ族、そのさらに外側のキュビワノ族として、研究が進んでいる。

そうして、海王星、冥王星を含むプルーチノ族、キュビワノ族を大きな一団ととらえると、それらの平均距離は37.9となって、ボーデの法則のn=7から導かれる38.8とかなり合致してくる。

では今回発見された10番目の惑星は、ボーデの法則があてはまるのだろうか。

ボーデの法則によるn=8は、77.2となる。

この10番目の惑星は楕円軌道で、太陽からの距離は36~97と観測されている。

これをどう見るか。かなりいい線をいっていて、ボーデの法則はあてはまっていると僕は感じるのだが、どうだろうか。

|

« 郵政参院否決なら解散というのはブラフか | トップページ | JRの電車の女性運転士さんに、日本の明日を見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/5231361

この記事へのトラックバック一覧です: 75年ぶり太陽系10番目の惑星とボーデの法則:

» 新たな惑星また名前覚えなきゃいかんの? [ローマ帝国すぽーつ120円]
太陽系の第10惑星を発見か=惑星認定には不透明感も  AP通信によると、米カリフ... [続きを読む]

受信: 2005/07/30 20:27

» 太陽系に第10惑星 [Y's WebSite : Blog 〜日々是好日〜]
太陽系に10番目の惑星が発見されました。 水・金・地・火・木・土・天・海・冥・・・の次なる惑星は、7月29日、米航空宇宙局(NASA)によって発見が発表されました。発見したのは、米カリフォルニア工科大などのチームがカリフォルニア州パロマ天文台の観測で、冥... [続きを読む]

受信: 2005/07/31 00:28

» 惑星 PLANET [TYDA OFFICIAL BLOG]
写真は池袋メトロポリタンプラザ。いろんな光の形があります。何か記号みたいに見えました。一番上は彫刻があるエスカレーターホールの天井、ここは内緒ですが歌の練習に使っていたことがあります。エスカレータを上がるとまたちょっとしたスペースがあります。天井は丸くなっていて幾筋... [続きを読む]

受信: 2005/08/01 14:24

« 郵政参院否決なら解散というのはブラフか | トップページ | JRの電車の女性運転士さんに、日本の明日を見る »