« 1年を球にたとえると、今日の裏側は1月25日 | トップページ | 台風一過の炎天、ウナギで暑気払い »

2005/07/26

今回の台風はバンヤン、命名する意義は?

台風7号が首都圏の帰宅ラッシュ帯を直撃している。

国際的な取り決めによって、台風には名前がついているはずだと思ってみてみたら、この台風はバンヤンという名前で、香港の命名によるのだそうだ。

バンヤンとは木の名前という。

台風の名前は、北西太平洋地域の国・地域でつくる台風委員会が、2000年から各国・地域の持ち回りで命名することになった。

持ち回りといっても、その都度、勝手に決めるのではなく、あらかじめ14の国・地域が10ずつの名前を登録しておいて、全部で140ある名前が順番に割り振られていくのだ。

2000年の台風1号は、カンボジアの命名によるダムレイ(象)という名前だった。

この140の名前はまだ一巡しておらず、今回のバンヤンは130番目の名前だ。

この次に発生する台風8号は、日本が用意したワシという名前になる。ワシとはオレ様の意味ではなく、鳥の鷲だ。

140の名前のリストは、気象庁のサイトに載っているが、これを見ると日本の命名はすべて星座からとっていて、あまり芸がない感じだ。

ほかの国の命名を見ると、中国のロンワン(龍の王)、タイのラマスーン(雷神)、フィリピンのハグピート(鞭打つ)などが迫力がある。

逆に、被害が少なくなるようにという願いからか、可愛らしい名前も少なくない。

韓国の命名によるチャンミー(薔薇)、北朝鮮のトラジー(人知れず咲く美しい花)、カンボジアのコンレイ(伝説の少女の名前)、香港のレンレン(少女の名前)など。

台風に名前をつけるという趣向はいいのだが、実際に台風が刻々と接近している状況で、台風の名前がニュースに登場することはほとんどない。

バンヤンが首都圏を直撃といっても、結局は何のことか分からず、端的に台風といったほうが話が早い。

今年、台風があと10個発生すれば、名簿の名前は一巡する。

防災上、ほとんど意味をなさないのでは、と思えるこの命名、僕たちの知らないところで何かの役にたっているのだろうか。

|

« 1年を球にたとえると、今日の裏側は1月25日 | トップページ | 台風一過の炎天、ウナギで暑気払い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/5161678

この記事へのトラックバック一覧です: 今回の台風はバンヤン、命名する意義は?:

» BANYANは行ってしまいました。 [皮の裏側 ブログ]
http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/news/2005/TC0507/↑台風7号名前はBANYAN千葉県をかすっただけで行ってしまいました。今日は暑くなりそうです。夏の空だな〜。とろこで「台風の名前の付け方」です...... [続きを読む]

受信: 2005/07/27 09:33

« 1年を球にたとえると、今日の裏側は1月25日 | トップページ | 台風一過の炎天、ウナギで暑気払い »