« バイクで機動的に檀家回りをするお坊さん | トップページ | 海の日に思う、日本人にとって海とは何か »

2005/07/16

電化製品が故障した時の対処方法は

05-07-16_17-37電化製品とIT機器に囲まれた生活は、それらが設計どおりに作動する限りは快適だが、機械は予告なく故障する。

去年、ダイキンのエアコンが水漏れを起こした時の騒動と、その後のダイキンの処理については、このブログに書いた。

東京で32度の暑さになった今日、こんどはそれとは別の部屋にある三菱のエアコン「霧ケ峰」がダウンしてしまった。

スイッチを入れると、体感温度を表示する窓に「1」の数字が点滅するだけで、冷房も送風も何も作動しない。室外機も動いていない。

説明書を読むと、このようになった場合は、「お買い上げの販売店に、点滅している数字をお知らせ下さい」と書いてある。

購入した量販店に電話して、メーカーに修理を手配してもらう。いまは故障修理の依頼が殺到しているらしく、僕の家に修理に来れるのは18日夕方以降になるという。

ここでジタバタしても仕方がないのだが、この「霧ケ峰」は買ってからまだ3年も経っていない。

イオンプラズマ空気清浄だの快測センサーだの結露ガードだのと、さまざまな機能を搭載しているが、こんなに早くダウンしてしまうとは、メディアで大宣伝している割にはおそまつなものだと思う。

電化製品やIT機器は、実によく故障する。僕がここ数年の間に直面した故障を、対応別にまとめてみると‥‥。

【修理を依頼して直ったもの】 乾燥機 ガス給湯機 エアコンの水漏れ ケータイ電話

【修理費用が高くてあきらめたもの】 8ミリビデオカメラ(見積もりしてもらったところ4万円かかるといわれた)

【故障は寿命によるものと判断し、買い換えたもの】  ビデオデッキ 電子レンジ クリーナー ファックス電話 パソコン プリンター スキャナー

【故障がひとりでに直ったもの】 洗濯機 テレビ(買ってから18年目になる)

機械が複雑になればなるほど、故障もひんぱんに発生する。原発やスペースシャトル、打ち上げ衛星などは、故障に見舞われるのが自然な姿といっていい。

システムが正常に作動している状態は、幸運が重なってたまたまうまくいっている綱渡りに似ている。

機械を使いこなすことは、故障とうまく付き合うことなのだ。

|

« バイクで機動的に檀家回りをするお坊さん | トップページ | 海の日に思う、日本人にとって海とは何か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/4994085

この記事へのトラックバック一覧です: 電化製品が故障した時の対処方法は:

« バイクで機動的に檀家回りをするお坊さん | トップページ | 海の日に思う、日本人にとって海とは何か »