« 梅雨明け以降、すっきりしない空模様 | トップページ | 今回の台風はバンヤン、命名する意義は? »

2005/07/25

1年を球にたとえると、今日の裏側は1月25日

地球の上で、日本の反対側にあたるのがアルゼンチンである、という。

僕は1年の365日を球にたとえて、今日の反対側はいつだろうか、と考えることがよくある。

3次元の球にたとえなくても、本当は2次元の円にたとえてもいいのだが、球にたとえた方が天球の中における現在の位置を直感しやすい。

では今日7月25日の反対側は、というと1月25日で1年で最も寒い時期である。

わかりやすく言えば、今年の1月25日からちょうど6カ月が経過し、また今日からちょうど6カ月後は来年の1月25日だ、ということだ。

このように、1年を2つに分割して考えてみると、来し方行く末というものが立体的に見えてくるような気がする。

今日の反対側というのは、決して頭の中だけで作り上げた概念ではなく、もっと直感的に感じることが出来る。

それは、太陽を見てみるといい。今日見えている太陽のちょうど真後ろ、地球と太陽との距離を倍に向こうに延ばしたところに、1月25日の地球が存在する。

半年前、僕たちは回転する地球の上に乗って、宇宙空間のその位置を移動し続けていた。

いまから半年後、やはり僕たちは地球とともに、公転軌道を180度旋回して、今見えている太陽のちょうど反対側にいるだろう。

同じ発想をすれば、1月25日に太陽を見た時、僕たちの地球が現在いる場所が、太陽の真後ろとなるはずだ。

今年の1月25日からの半年があっという間であったならば、それと同じあっという間に次の1月25日がやってくる。

反対側に移動するまでに、地球は約180回転する。

僕たちは、それ自体が1日1回転する巨大な球の表面にへばりつきながら、365日かかって太陽の回りを一周する果てしない旅を続けているのだ。

|

« 梅雨明け以降、すっきりしない空模様 | トップページ | 今回の台風はバンヤン、命名する意義は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/5145717

この記事へのトラックバック一覧です: 1年を球にたとえると、今日の裏側は1月25日:

« 梅雨明け以降、すっきりしない空模様 | トップページ | 今回の台風はバンヤン、命名する意義は? »