« シャトルの断熱タイル落下への対処法 | トップページ | 75年ぶり太陽系10番目の惑星とボーデの法則 »

2005/07/29

郵政参院否決なら解散というのはブラフか

映画「ローマの休日」の最初のほうに、グレゴリー・ペックら新聞記者たちが、次の仕事に取り掛かるまでのつかの間を、トランプで時間つぶしをしているシーンが出てくる。

どこも同じなんだなあ、と僕は思う。日本の記者クラブなどでは、マージャンや花札が多いが、トランプもよく行われている。

事件待ちの時間つぶしにやるトランプで壮絶だったのは、某記者クラブでのポーカーだ。

自主ルールによって、1回に積み増しする金額は2万円が上限とされていたが、それがデスマッチになる。

テが悪いメンバーが降りて、二人だけが残り、その一人はツーペアしかないのにブラフで1万円をはる。

ところがその相手は、その上に2万円、とはってくる。相手は本当にいいテなのか、ブラフなのか。それをどう読むか。

ここでツーペアの方は、相手を下ろさせるために、さらに2万円を積む。

しかし相手は、下りるどころか、その上に2万円、と言ってくる。こんどは、ツーペアの方が、下りるか乗るかの判断を迫られる。

回りが息をのんで見守る中、ツーペアの方が「乗った」という。2万円を2度に渡って積んで挑んできた方のテは、ワンペアでしかなかった。

これは、結果的にワンペアの方のブラフを読みきったのだが、逆にスリーカードだったりして、乗って悲惨な結果になることも多い。

ブラフとは、こけおどしする、威嚇する、はったりで切抜ける、などの意味だ。

いま小泉首相が盛んに、郵政民営化法案が参院で否決されたら、衆院解散だとあちこちで言い散らしている。

普通の首相は、周囲がみな衆院解散を周知の事実としていても、「まったく考えていない」と否定するのが常だったが、小泉首相は逆だ。

これは、参院での否決を阻止するためのブラフなのだろうか。それとも、否決されれば本気で解散するつもりなのか。

解散・総選挙になれば、自民党は100議席を減らして下野せざるを得ない、と週刊誌などが書きたてている。

郵政民営化反対の参院議員は、下野を承知で反対票を投じる覚悟があるのかどうか。参院だから議席を失うわけではないとはいえ、与党となるか野党となるかは天と地の違いだ。

僕としては、ここまで大幅に後退して骨抜きになった郵政民営化法案なら、何も今国会で通す必要もないように思う。

参院否決→総選挙→自民と公明の惨敗→自民の下野と政界大編成。外交も財政もすべてが行き詰ってしまった日本は、このくらいの出直しが必要なのだと思う。

しかし、こうした期待はいつも見事に裏切られ、結局は参院の反対派議員が懐柔されて、僅差で郵政法案可決・成立なんてことになるのがオチなのだろうなあ。

|

« シャトルの断熱タイル落下への対処法 | トップページ | 75年ぶり太陽系10番目の惑星とボーデの法則 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/5217401

この記事へのトラックバック一覧です: 郵政参院否決なら解散というのはブラフか:

« シャトルの断熱タイル落下への対処法 | トップページ | 75年ぶり太陽系10番目の惑星とボーデの法則 »