« 厳しい残暑でも空は秋の気配 | トップページ | 903SHにしたらタイトルがわずか13文字とは »

2005/08/21

ライオンにかまれて死亡というから、僕はてっきり‥

ジンバブエのサファリパークで、日本人女性観光客がライオンにかまれて死亡。

いやあ僕はてっきり、日本の今の騒ぎのことかと思った。

最近のライオンは激しく凶暴化して、人を人とも思わずに襲いまくっているからなあ。

襲ったライオンの名前は、ユーセーとかミンエーとかジュンとかでなかったか。

明日からの党首たちの演説で、この事件が引き合いに出されるかも知れないな。

小泉ライオンはこの事件を何というのか、番記者たちはちゃんとチェックしてほしい。

ライオンに襲われた日本人といえば、1986年、ナイロビの動物保護区での松島トモ子が記憶に新しい。

彼女は、ライオンにかまれた10日後に、こんどはヒョウにかまれて大けがをした。

松島トモ子は目が大きいので、猛獣が敵と思ったかエサと思ったかで、襲ったという説もあった。

猛獣が松島トモ子に一目ぼれして、可愛がるつもりでかんだりひっかいたりしたのではないか、なんて説もあったような、いやなかったか。

ともあれ、サファリパークでも動物保護区でも永田町でも、生身のライオンには決して油断をしてはいけないということだ。

|

« 厳しい残暑でも空は秋の気配 | トップページ | 903SHにしたらタイトルがわずか13文字とは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/5573523

この記事へのトラックバック一覧です: ライオンにかまれて死亡というから、僕はてっきり‥:

» 松島トモ子さん [Blog・キネマ文化論]
【ヨハネスブルク支局】アフリカ南部ジンバブエの首都ハラレ郊外のサファリパーク「ラ [続きを読む]

受信: 2005/08/24 17:21

« 厳しい残暑でも空は秋の気配 | トップページ | 903SHにしたらタイトルがわずか13文字とは »