« 民営化反対の37人公認せず、有権者はどう動く? | トップページ | デジカメプリントがこんなに便利になっているとは »

2005/08/10

何のポスターかと思ったら、なんと‥

05-08-10目の玉をむき出した異様な男の顔。ギョッとするポスターが、地下通路に貼ってある。

親と歩いている子どもが「コワーイ!」と声を上げるほどの迫力だ。

近寄って見ると、目は洋服のボタン、口はファスナーで、顔は布切れのようなものを配している。

このポスター、なんと今日から始まった歌舞伎座の八月納涼歌舞伎のポスターである。

僕は、お芝居のことは何も知らないので、歌舞伎のポスターがなぜこんなにサイケでアングラ演劇風なのか、不思議な気がしていた。

今日の朝日新聞夕刊の芸能欄を読んで、ようやく分かった。

この八月納涼歌舞伎の話題は第三部の「法界坊」で、演出家の串田和美と中村勘三郎のコンビによって、これまでシアター・コクーンと平成中村座で上演されたものを、新たな演出によって初めて歌舞伎座で上演するのだという。

この記事を読むと、主人公の法界坊は、女好きで強欲で、平気で残酷な殺人もする破戒僧なのだという。

異様なポスターは、法界坊のイメージを現代風にアレンジしたものなのだろう。

昔は歌舞伎座にも行ったものだが、最近は出不精になってすっかりご無沙汰している。

行けば面白いだろうとは思うが、いまからチケットを取るのも面倒だし、このポスターを見て楽しむこととしよう。

|

« 民営化反対の37人公認せず、有権者はどう動く? | トップページ | デジカメプリントがこんなに便利になっているとは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/5393668

この記事へのトラックバック一覧です: 何のポスターかと思ったら、なんと‥:

« 民営化反対の37人公認せず、有権者はどう動く? | トップページ | デジカメプリントがこんなに便利になっているとは »