« 歯科医の女の先生が辞めて後任は男、憂鬱だなあ | トップページ | 国勢調査とプライバシー »

2005/09/21

1本の新巻鮭を下ろして切り分ける

05-09-21_16-22北海道から送られてきた新巻鮭を切り分けた。

まず、すべり止めの付いた軍手を99円ショップで買ってくる。

キッチンの調理スペースに新聞を敷いてまな板を載せ、新巻鮭の頭を左側にして、出刃で頭を切り落とす。

その位置のまま、こんどは右の尻尾のほうから包丁を入れて、中骨に添って包丁を左に少しずつ動かして、半身を切り分ける。

つぎに、尻尾を左側にして頭の側から中骨の下に包丁を入れて、下の半身から中骨1本をごっそり切り分ける。

これで3枚おろしは完成だ。

あとは、身の部分を一切れずつに切り分け、頭と骨も適当な大きさに切る。

昔は、平目の5枚おろしをやったことがある。これは出刃ではだめで、刺身包丁を使わなければきれいに出来ない。

一匹丸ごとの魚をさばく作業は、狩の獲物を解体しているようなギャートルズ的快感がある。

今夜のおかずは、切り立ての鮭の塩焼きでいってみたい。

|

« 歯科医の女の先生が辞めて後任は男、憂鬱だなあ | トップページ | 国勢調査とプライバシー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/6050430

この記事へのトラックバック一覧です: 1本の新巻鮭を下ろして切り分ける:

« 歯科医の女の先生が辞めて後任は男、憂鬱だなあ | トップページ | 国勢調査とプライバシー »