« 今年のカレンダーも残り2枚になって | トップページ | 電球式からLEDへ、信号機の切り替え工事 »

2005/11/01

年賀はがきを買ったら、オマケをいっぱいくれた

05-11-01_16-531今日からお年玉付き年賀はがきの発売だ。さっそく近くの郵便局で買ってきた。

なんだか、いろいろなものを沢山、袋に入れてくれた。

家に帰って開けてみたら、粗品と書かれた封筒には、お年玉用などさまざまな祝儀袋が8枚も。末広がりで8なのだろうか。

さらに、縦長のカレンダー、ポケットティッシュ、それに「ご購入キャンペーン」と「年賀状早出しキャンペーン」の応募はがきが、それぞれ3枚ずつ。

この「ご購入キャンペーン」というのは、2万円の食事券が1000名に、腕時計が5000名に当たると書いてあるが、まず当たらないだろううな。

それにしても、年賀はがきを買ってこんなに沢山のオマケが付いてきたのは、初めてのことだ。

郵政民営化法案が成立したことで、気合が入っているのだろうか。

国鉄がJRになってサービスがいくぶん向上したように、郵政も民営化されると厳しい市場原理の中で、サービスの向上に無頓着ではいられないのだろう。

オマケも悪くないが、郵便局がこれからどのように利用者サービスを向上させていくのか、注目していきたい。

|

« 今年のカレンダーも残り2枚になって | トップページ | 電球式からLEDへ、信号機の切り替え工事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/6822400

この記事へのトラックバック一覧です: 年賀はがきを買ったら、オマケをいっぱいくれた:

« 今年のカレンダーも残り2枚になって | トップページ | 電球式からLEDへ、信号機の切り替え工事 »