« みのもんたが「久米に勝った」発言、もう紅白は見ないぞ | トップページ | 宵空に月と金星がランデブー »

2005/12/04

傘を持たずに雨にたたられ、100円ショップへ

僕は、外出する時に傘を持っていくべきかどうか、迷った時はたいてい持っていくことにしている。

それでも、傘を持って出かけた時に限って、しだいに日が照ってきて、いまいましい思いをすることが多い。

新聞の天気予報さらにはネットで最新の天気予報を見て、まず降りそうにないが、もしかすると降るかも知れない、という時には折りたたみ傘を持っていく。

今日は雲っているものの、天気予報では夕方6時ころから雨ということで、西の空を見てもまだ明るいので、傘を持たずに出かけた。

やっぱり、これが裏目に出た。

小雨程度ならそのまま走るところだが、久々の本格的な降りだ。

突然の雨になると、写真屋さんや靴屋さんなど、さまざまなお店が傘屋さんに早変わりして、店頭で傘を売っている。

それを買ってもいいのだが、わずか10分ほどの距離のために、250円や300円の傘を買うのはもったいない。

こういう時に、ありがたい弱者の見方は、100円ショップや99円ショップだ。

ビニールの傘1本が100円というのは、作る手間を考えると、採算が取れるのだろうかと心配になるが、ともかく大助かりだ。

前はなんと布製の傘が100円で売っていて、これには驚いた。

どうしてこんなに安く傘を売ることが出来るのだろうか。生産工程の合理化によるコストダウンや、海外での生産など、いくつか理由はあるのだろう。

日本経済がデフレを脱却していないことも関係しているのならば、デフレは居心地の良いものだと個人的には思う。

無理にインフレ目標など設定しなくても、当分はこのままで‥。

|

« みのもんたが「久米に勝った」発言、もう紅白は見ないぞ | トップページ | 宵空に月と金星がランデブー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/7461109

この記事へのトラックバック一覧です: 傘を持たずに雨にたたられ、100円ショップへ:

« みのもんたが「久米に勝った」発言、もう紅白は見ないぞ | トップページ | 宵空に月と金星がランデブー »