« マニュアル通りに操作しても作動しない時は | トップページ | お雑煮とおせちを食べて、近所の神社に初詣 »

2005/12/31

たくさんのことがあった1年も、過ぎてみれば一瞬

月日は百代の過客にして、行きかふ年も又旅人なり

奥の細道の書き出しが、年ごとに身にしむる。

去年の大晦日は雪だった。あれからもう1年。

今年もいろいろなことがあったのに、過ぎてみればほんの一瞬でしかない。

365日という沢山の時間が、さまざまな出来事とともに今年1年を形作ってきたのに、現実に存在する時間は、「現在」という厚さのまったくない瞬間だけ。

1年があっという間に過ぎていくから、5年もまた同じようにあっという間に過ぎていく。

21世紀を迎えた2001年の年明けから、もう5年が過ぎたのだ。

これで21世紀の20分の1がすでに経過したことになる。

僕が会社勤めをやめてから9年になろうとしている。

職場で送別会をしてもらったのが、つい昨日のことのようだ。

新しい年2006年もまた、1年後にはあっという間に過ぎたと感じているに違いない。

これから訪れる時間は、結構長く感じるものだが、過ぎてみると一瞬でしかないのは、なぜだろうか。

とりとめのないことを考えているうちに、今年最後の太陽も西に沈んで、大晦日の宵となる。

今年は紅白を見るつもりはないが、かといって番組表を見てもほかに見たい番組も見当らない。

テレビを見ない大晦日もまたいいか、と思う。

2005年のブログはこれにて打ち止め。来年はどうなることやら。

では、どなたさまも、よいお年をお迎えください。

|

« マニュアル通りに操作しても作動しない時は | トップページ | お雑煮とおせちを食べて、近所の神社に初詣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/7921925

この記事へのトラックバック一覧です: たくさんのことがあった1年も、過ぎてみれば一瞬:

« マニュアル通りに操作しても作動しない時は | トップページ | お雑煮とおせちを食べて、近所の神社に初詣 »