« 傘を持たずに雨にたたられ、100円ショップへ | トップページ | 「明日出来ることを今日やるな」とはいうものの »

2005/12/05

宵空に月と金星がランデブー

05-12-05_17-24宵の明星としてますます光度を上げている金星は、まもなく9日にマイナス4.7度の最大光度となる。

目のいい人なら、いまころの金星は真昼の青空の中に見つけることが出来る。

今日は素晴らしく濃い青空だったので、もしかして見えるかと目をこらしてみたが、やはり僕の視力で見つけることは無理だ。

その代わりに、細い三日月を青空の中に確認することが出来た。

夕暮れて、夜のとばりがおりるころになると、金星と三日月が並んで宵空に輝きを競っている。

この光景は、寒さを忘れるほど神秘的で凛としている。

先月に見た光景よりも、金星の光度が強くて月との視距離が近く、一段と印象深い眺めだ。

昔、このころの金星を望遠鏡で見たことがある。これが金星かと驚くような三日月の形になっている。

月はこれからしだいに金星から離れて、16日に満月に。

一方の金星は、少しずつ太陽に近づいていって見えにくくなり、1月13日には地球と太陽の間を通って、こんどは明けの明星になっていく。

明けの明星として光度が最も高くなるのが、2月17日。梅の見ごろかも知れない。

太陽からの角度が最も西に離れるのが3月25日だ。桜は開花しているころだろうか。

|

« 傘を持たずに雨にたたられ、100円ショップへ | トップページ | 「明日出来ることを今日やるな」とはいうものの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/7478595

この記事へのトラックバック一覧です: 宵空に月と金星がランデブー:

« 傘を持たずに雨にたたられ、100円ショップへ | トップページ | 「明日出来ることを今日やるな」とはいうものの »