« 回転ドアとライブドア、勝ち組の魔塔ヒルズの本性 | トップページ | 加湿器の手入れを怠り、2冬でメルトダウン »

2006/01/25

マイシティ地下、女性洋品店のブタのおしりにドッキリ

06-01-21_12-361街を歩いていて、不思議なモノに出くわすことはよくあるが、これはいったい何だろうか。

新宿のマイシティ地下2階のファッションやブティックのフロア。

ここの3軒ほどの店の入り口に、ピンクのブタの置物がおかれている。

その置き方が、どの店もきまって、おしりを通路に向けているのだ。

ジーンズの店や水着の店など、いずれも若い女性向けの洋品店ばかりだ。

ブタちゃんについての説明はどこにもないが、その丸々とした健康そうなおしりを見ると、僕はなんだか男が見てはいけないものを見たような気になってしまう。

なんといったらいいのか、あの、その、一言でいうと、若い女性のハダカのおしりを連想させる艶めかしいエロチシズムを感じさせてくれるのだ。

いや、これは決してオジサンの妄想とばかりはいえまい。

なぜなら、この妖しいブタちゃんがいるのは、女性が体に、とりわけ腰から下に着用するものを扱う店ばかりなのだ。

それも、頭の方を通路に向けている時はなく、いつも決まってオシリを向けているのはナゼダ?(と、しだいにコーフンしてくる僕)

このブタたちの由来や狙いをなんとかシリたい、と思ってネットでいろいろ検索してみたが、分からない。

かといって、女の店員さんに聞くほどのドキョーはない。

かくなるうえはせめて写真でも、と勇気を出してケータイを向けて撮ったのが、右上の写真だ。

女性のオシリを撮ったわけでもないのに、僕の心臓は早鐘のように鼓動し続け、このままブタちゃんの前で卒倒してしまうのではないか、と思ったほどだ。

オーラを発して挑発するブタちゃんたちは、若いメスのブタに違いない、とオジサンは確信している。

|

« 回転ドアとライブドア、勝ち組の魔塔ヒルズの本性 | トップページ | 加湿器の手入れを怠り、2冬でメルトダウン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/8333901

この記事へのトラックバック一覧です: マイシティ地下、女性洋品店のブタのおしりにドッキリ:

« 回転ドアとライブドア、勝ち組の魔塔ヒルズの本性 | トップページ | 加湿器の手入れを怠り、2冬でメルトダウン »